• HOME
  • ブログ
  • 2019
  • 「5G」に対応した「iPhone」は「2020年」に。そして「Samsung」の「5G」モデムを使用するみたいって話。

「5G」に対応した「iPhone」は「2020年」に。そして「Samsung」の「5G」モデムを使用するみたいって話。

少なくとも、すでにリークしているプロトタイプを確認する限り、今年の後半に発表される可能性が高い「iPhone XI」シリーズは、「デザイン」的には「iPhone XS」シリーズから大きな変更はなく、「カメラ」のアップデートがメインになる可能性が高いと予測されています。その中で、「iPhone XI」は従来の「iPhone」と異なり、「容量構成」によって、搭載する「カメラ」が異なる可能性が高く、「大容量」モデルのみ「トリプルレンズカメラ」が搭載される可能性が高いと予測されています。

一方で、「画素数」に関しても強化されると予測されており、今まで「1200万画素」を採用していましたが、少なくとも「iPhone XI」のメインカメラセンサーには「1400万画素」が採用される可能性が高く、さらにインカメラに関しても「700万画素」から「1000万画素」に強化される可能性が高いと予測されています。少なくとも「画素数」だけで判断すれば、「セルフィー」により力を入れている可能性が高いと判断することができます。

さて今回Phone Arenaによると、「2020年」には「Samsung」製の「モデム」を採用し「5G」に対応した新型「iPhone」が登場する可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「5G」は「2020年」へ。

少なくとも今年の後半に登場する次期「iPhone XI」は「カメラ」の強化がメインになっている可能性が高い一方で、「Android」に関しては、今年の後半に「5G」に対応した最新機種をより発表する可能性が高いと予測されています。Appleに関しても「iPhone」を「5G」に対応させることは必須と考えることができますが、「Qualcomm」の特許闘争により、供給は絶望的になり、さらに頼みの綱であった「Intel」に関しても「5G」モデムの開発を中止するなど、まさに窮地に立たされた状態でした。

しかしながら、「Apple」は「Qualcomm」に特許に関するお金を支払ったことで、和解が成立し、Qualcommから供給されるのかと思いきや、今回の情報によると、「Samsung」から「5Gモデム」の供給を受ける可能性が高いとしています。とはいえ、Samsungにとっても問題があり。Appleの莫大な発注量に対して、現状では対応しきれないとしています。

今回の情報ではそれ以上には触れていません。ただ「5G」に対応した「iPhone」が登場するのは、早くても「2020年」であるとしています。「2020年」でどれだけ「5G」が普及しているか判然としませんが、少なくとも日本でも新型「iPhone」が発表される頃には本格的に開始しています。Appleが最終的にどのような判断を下すのか非常に気になるところです。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧