• HOME
  • ブログ
  • Huawei
  • 正式名称は「Huawei Mate20 X 5G」に。「発売」は「6月」以降にって話。

正式名称は「Huawei Mate20 X 5G」に。「発売」は「6月」以降にって話。

先日の情報からも、当初の予定通りに「折りたたみ式」を採用した「Huawei Mate X」は「6月」に発売を開始する可能性が高いことが判明している一方で、それはあくまでも「中国」国内での話になり、「ヨーロッパ」においては、その供給数に限界があるのか、優先市場とはいえ「今年」の後半に発売を開始する可能性が高いと予測されています。詳細は「やはり「6月」で確定に。「Huawei Mate X」の発売まであと少しって話。」と「「Galaxy Fold」とは大きな差に。「Huawei Mate X」のヨーロッパでの発売は今年後半にって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Huawei Mate X」は同社として初の「5G」対応機種でありながら、唯一の対応機種であることからも、より安価な「5G」対応機種を準備する必要性があることからも、昨年の「10月」に正式に発表された「Huawei Mate20 X」の「5G」モデルが開発されていることが判明しており、「4G」モデルと比較して「RAM8GB」になっていること。

そして、「バッテリー」容量が「5000mAh」から大幅に減少していることが判明しています。詳細は「本体価格を抑えるため?「Huawei Mate20 X」の「5G」モデルのバッテリー容量は大幅に小型化へって話」をご参照下さい。さて今回GizChinaが、「Huawei Mate20 X」の「5G」モデルの最新情報を報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「正式名称」が判明に。

さて今回の情報によると、「Huawei Mate20 X 」の「5G」モデルの正式名称は、そのままと言ったらそのままですが、「Huawei Mate20 X 5G」になる可能性が高いと報告しています。また今思うと、上記の画像のように、「Huawei Mate20 X 5G」は「4G」モデルと異なり、「背面」に「5G」ロゴを確認することができますが、あまり意識していませんでしたが、「本体カラー」の「グリーン」は今までなかったですよね。

少なくとも「SIMフリー」モデルに関しては「シルバー」と「ブルー」の2色であったはず。さらに今回の情報によると、やはり「Huawei Mate20 X」と比較すると、「5G」に対応していることからも本体価格はより高価になる可能性が高いとしています。さらに「発売」時期に関しては、「6月」に登場する「Huawei Mate X」より後の発売になるとしています。発売地域などには言及していませんが、おそらく「ヨーロッパ」が中心になると判断することができます。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧