• HOME
  • ブログ
  • 2019
  • 「iPhone XI」の実機がすでに公共の場で使われているかもって話。

「iPhone XI」の実機がすでに公共の場で使われているかもって話。

少なくとも、すでにリークしているプロトタイプを確認する限り、今年の後半に発表される可能性が高い「iPhone XI」シリーズは、「デザイン」的には「iPhone XS」シリーズから大きな変更はなく、「カメラ」のアップデートがメインになる可能性が高いと予測されています。その中で、「iPhone XI」は従来の「iPhone」と異なり、「容量構成」によって、搭載する「カメラ」が異なる可能性が高く、「大容量」モデルのみ「トリプルレンズカメラ」が搭載される可能性が高いと予測されています。

一方で、「画素数」に関しても強化されると予測されており、今まで「1200万画素」を採用していましたが、少なくとも「iPhone XI」のメインカメラセンサーには「1400万画素」が採用される可能性が高く、さらにインカメラに関しても「700万画素」から「1000万画素」に強化される可能性が高いと予測されています。少なくとも「画素数」だけで判断すれば、「セルフィー」により力を入れている可能性が高いと判断することができます。

さて今回Phone Arenaによると、FoxconnのCEOがすでに「iPhone XI」を使用しているのではないかと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


すでに「iPhone XI」を?

問題のシーンが上記の画像になります。「iPhone」の「ゴールドモデル」を使っていることに間違い無いのですが、「iPhone XS」にしろ「iPhone XS MAx」と異なり、「カメラ」のデザインが異なることを確認することができます。冒頭でも記述したような「トリプルレンズカメラ」ではなく、「デュアルレンズカメラ」仕様だと思いますが、「カメラ」が大きく見えますよね。

少なくともリークしているレンダリング画像では「デュアルレンズカメラ」のものはリークしていないため、これが本当に「iPhone XI」なのか確証性はありません。ただ以下の画像をご覧ください。

リーカーとしても有名なBenjamin Geskin氏が投稿した「iPhone XS」の専用ケースの画像になります。おそらくこのケースをつけているのではないかとも予測されています。確かに「カメラ」周辺のデザインが同じように見えます。まだ少なくとも開発段階で実機というレベルではないと考えたほうが無難です。だらかこそ、何かしらのケースをつけていて、その勘違いが「iPhone XI」に繋がったと考えたほうがよさそうですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧