「トリプルレンズカメラ」を搭載するけど。次期「iPhone XI」の「カメラデザイン」は控えめになるかもって話。

少なくとも、先日の情報からも、今年の9月に正式発表される可能性が高いと予測されている「iPhone XI」と「iPhone XI Max」になりますが、「プロトタイプ」をもとに作成された「レンダリング画像」が「2種類」公開されており、全体的なデザインとしては「iPhone XS」や「iPhone XS Max」と大きく変わらないことが判明していますが、一方で「カメラ」のデザインに関しては大きく変更される可能性が高いと予測されています。

一方で先日の情報からも、「iPhone XI」と「iPhone XI Max」の両方なのか、それとも「iPhone XI Max」のみなのか判然としない状況ですが、容量構成におうじて「カメラ」構成が異なる可能性が高いと予測されており、「大容量」モデル」のみ「トリプルレンズ」カメラが搭載されている可能性が高いと予測されています。詳細は「「容量構成」によって差別化を。次期「iPhone XI」は「大容量モデル」のみ「トリプルレンズカメラ」を搭載かも。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、次期「iPhone XI」の「トリプルレンズカメラ」はデザイン上目立たない仕様となっており、さらに「広角」レンズに対応する可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「デザイン」が目立たないように。

上記の画像は、先日リークした「プロトタイプ」をもとに作成された次期「iPhone XI」と「iPhone XI Max」のレンダリング画像になりますが、「Huawei Mate20 Pro」のように、従来の「垂直型」と異なり、「スクエア型」を採用していることを確認することができます。

ただ今回の情報によると、「iPhone XI」と「iPhone XI Max」のカメラのデザインの詳細は判然としないとした上で、「3つ」目のカメラセンサーを「背面」と同じカラーを採用することによって、目立ちにくいデザインになっている可能性が高いと予測しています。簡単に言えば、「Huawei P30 Pro」の「TOFセンサー」のような感じになっているとイメージすることができます。

なので、実質「デュアルレンズカメラ」と同じようなデザインを採用している可能性が高いと判断することができます。ただ良くも悪くも、「カメラデザイン」に大きな変更がなければ、「iPhone XS」シリーズと比較して、そこまで大きなデザインの違いがないと判断することができます。「iPhone」のデザインがこれ以上目に見えて刷新されるのはあまり期待できないのかもしれませんね。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!