廉価モデルとして?Appleは「2020年」に「iPhone 8S」を発表にって話。

少なくとも今年登場する次期「iPhone」は、昨年と同じく3モデル構成になる可能性が高く、「iPhone XI」「iPhone XI Max」そして「iPhone XR2」になると予測されています。「iPhone XR2」に関しては、「iPhone XR」と同じく「液晶」を搭載する可能性が高い一方で、「液晶」を搭載した最後の「iPhone X」シリーズになる可能性が高いとよ予測されています。

そして「iPhone XI」シリーズに関しては、地味に情報が錯綜していますが、少なくとも「メインカメラ」に関しては「1400万画素」を採用する可能性が高いと予測されている一方で、「iPhone XI Max」に関しては、「トリプルレンズカメラ」を搭載すると予測されている中、「容量」構成によって、「トリプルレンズカメラ」を搭載しているモデルと、そうではないモデルが存在している可能性が高いと予測されています。

さて今回Phone Arenaによると、「Apple」は「Touch ID」を引き続き採用した「iPhone8」の後継機種である「iPhone8s」を「2020年」に発表する可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「iPhone8s」

さて今回台湾からの情報として、Appleは「iPhone SE」が「iPhone5」や「iPhone5s」をベースにして開発されたように、「iPhone8」をベースにした「iPhone8s」を開発している可能性が高く、「2020年」に発売を開始する可能性があると予測しています。「iPhone8」がベースとなっているため「4.7インチ」のディスプレイに「Touch ID」を搭載している可能性が高いと判断することができます。

さらに、「カメラ」に関しては、「シングルレンズカメラ」を搭載し、「ストレージは「128GB」そして「A13チップ」を採用している可能性が高く、「2020年」の「3月」に登場する可能性が高いとしており、ペガトロンによって「2000万台」生産される予定だとされています。ちなみに価格に関しては「iPhone8」が「$599」で「iPhone8 Plus」が「$699」の中間である「$649」になる可能性が高いと予測されています。

少なくとも、高価格するメインシリーズに対して廉価モデルの位置付けとして登場する可能性が高く、「iPhone8s」の登場によって「iPhone8」と「iPhone8 Plus」の販売は終売になりそうですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!