「Galaxy Fold」とは大きな差に。「Huawei Mate X」のヨーロッパでの発売は今年後半にって話。

先日の情報からも、「Huawei Mate X」は「Galaxy Fold」と同じく「折りたたみ式」を採用していますが、「山折」と「谷折り」で形状が異なることからも、「本体の設計」が大きく異なり、さらに「折りたたみ式」に対する考え方も全く異なることが判明しています。詳細は「スマホの未来を。「Galaxy Fold」と「Huawei Mate X」の「スペック」「価格」を比較してみた。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Huawei」は「Huawei Mate X」は「6月」に発売を開始することを案内していますが、「V-mall」など、中国の「大手サイト」において、すでに「製品ページ」が公開されており、その「製品ページ」からも「6月」に発売であることを確認することができます。詳細は「着々と準備が進行に。「Huawei Mate X」はやはり「6月」に発売にって話。」をご参照下さい。

さて今回GSM Arenaによると、「Huawei Mate X」の発売時期は、少なくとも「ヨーロッパ」において「今年の後半」になる可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「Huawei Mate X」

さて今回の情報によると、「イギリス」の「キャリアスリー」は「Huawei Mate X」を取り扱うことが判明したとした上で、その発売時期は「今年の後半」になるなる可能性が高いとしています。残念なことに、具体的な日付などは判明しておらず、「本体価格」においても判然としない状況になるとしています。

少なくとも「Huawei Mate X」は「5G」に対応していることからも、その発売地域はかなり限定されると判断することができます。一方で、やはり生産台数の問題なのか、「中国」が優先となっており、「グローバル」市場での発売はかなり遅くなると判断することができます。「Galaxy Fold」の発売時期は、「ヨーロッパ」においては、「5月3日」になると予測されていることからも、かなりの出遅れになると判断することができます。

「Galaxy Fold」のほうがデザイン的には不恰好かもしれませんが、「価格」に関しては安いです。逆にいえば「Galaxy Fold」が失敗に終われば、「Huawei Mate X」も大失敗に終わる可能性が高いと判断することができます。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!