全体的な売り上げは落ちても。「iPhone XS」シリーズは「10代」から依然として絶大な人気を獲得しているって話。

先日の情報からも、次期「iPhone XI」は「トリプルレンズカメラ」を搭載する可能性が高いと予測されており、さらに廉価モデルである「iPhone XR2」に関しても、「デュアルレンズカメラ」を搭載する可能性が高いと予測されており、さらに共通して「画素数」は「1400万画素」になる可能性が高いと予測されています。詳細は「カメラはちょっとだけ画素数が向上に。「iPhone XI」の一部スペックが判明。」と「「4000mAh」の大型バッテリーに最大「15W」のワイヤレス充電。次期「iPhone XI」はバッテリーが強化?」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「iPhone XI」は「最上位モデル」である「iPhone XI Max」のみ「トリプルレンズカメラ」を搭載する可能性が高いと予測されていましたが、直近の情報においては、「容量構成」によって仕様が異なる可能性が高いと予測されており、「大容量モデル」のみ「トリプルレンズカメラ」を搭載している可能性が高いと予測されています。詳細は「「容量構成」によって差別化を。次期「iPhone XI」は「大容量モデル」のみ「トリプルレンズカメラ」を搭載かも。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、昨年発売を開始した「iPhone XR」や「iPhone XS」シリーズは依然として、「10代」の若者から絶大な人気を獲得していることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。


「若者」から絶大な人気を。

さて今回アメリカの調査会社によると、この春「8000人」の「10代」の若者に所持しているスマートフォンのアンケートを行ったところ、全体の「83%」が「iPhone」を所持していることが判明したとしています。また少なくとも「iPhone」を所持しているユーザーに対して、次も「iPhone」に機種変更するかどうかを調査したところ、「86%」のユーザーは、「iPhone」を選択することを選んだとしています。

Appleは「年代別」の「販売台数」を購入しているわけではないが、少なくとも「2017年」に行った調査より、「2018年」に行った調査で、より「10代」で「iPhone」が支持を獲得していることが判明しています。高価格化が進んでおり、「iPhone」離れが今後一層進むと予測されている中、「10代」には絶大的な支持を集めていると考えることができます。日本でも「若い世代」のほうが「iPhone」を使っているユーザーは多いので、「先進国」では似たような傾向にあるのかもしれませんね。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!