• HOME
  • ブログ
  • Galaxy
  • 「5G」に対応することで。「Galaxy Note10」は全部で「4モデル」構成にって話。

「5G」に対応することで。「Galaxy Note10」は全部で「4モデル」構成にって話。

先日の情報からも、今年の後半に登場すると予測されている「Galaxy Note10」は「6.7インチ」の「4K OLED」を搭載し、さらに「クアッドレンズカメラ」を搭載すること。また「5G」に対応する可能性が非常に高いと予測されています。詳細は「悪魔のような超高精細なディスプレイを。「Galaxy Note10」はやはり「4K OLED」を搭載かもって話。」と「今年の本命に?やはり「Galaxy Note10」には「5G」対応モデルが存在にって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Galaxy Note10」は「Galaxy S10」シリーズと同じく「パンチホール式」を採用する可能性が高いと予測されており、「デザイン」に関しては、同様になる可能性が高いと判断することができる中、先日には「Galaxy Note10」の「レンダリング画像」が公開されています。詳細は「順当なデザインか。次期「Galaxy Note10」の精細なレンダリング画像が公開にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Samsung」は「8月」に「Galaxy Note10」を合計で「4モデル」発表する可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「4モデル」展開に。

先日の情報からも、Samsungは「Galaxy Note10」を2モデル展開にする可能性が高いと予測されており、初の「小型モデル」となる「Galaxy Note10e」と「6.7インチ」のディスプレイを搭載した「Galaxy Note10+」になると予測されています。詳細は「初の2モデル展開に。「Galaxy Note10」は「Galaxy Note10e」と「Galaxy Note10+」が存在にって話。」と「小型モデル「Galaxy Note10e」は「ヨーロッパ」市場限定になるかもって話。」をご参照下さい。

さて今回の情報によると、次期「Galaxy Note10」シリーズは、合計で「4モデル」になるとしており、「Galaxy Note10e」と「Galaxy Note10+」がそれぞれ「4G」と「5G」モデルが存在していると予測されています。ただ必ずしも両方のモデルで「5G」モデルが実際に発売されるかどうかはは判然としないとしています。さすがに下半期だけで「4モデル」発表したとすれば、地味にその数は多いと思ってしまいますよね。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧