時代は「TOFセンサー」へ。次期「iPhone XI」は「超広角レンズ」と「TOFセンサー」が特徴にって話。

先日の情報からも、次期「iPhone XI」は「トリプルレンズカメラ」を搭載する可能性が高いと予測されており、さらに廉価モデルである「iPhone XR2」に関しても、「デュアルレンズカメラ」を搭載する可能性が高いと予測されており、さらに共通して「画素数」は「1400万画素」になる可能性が高いと予測されています。詳細は「カメラはちょっとだけ画素数が向上に。「iPhone XI」の一部スペックが判明。」と「「4000mAh」の大型バッテリーに最大「15W」のワイヤレス充電。次期「iPhone XI」はバッテリーが強化?」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「iPhone XI」は「最上位モデル」である「iPhone XI Max」のみ「トリプルレンズカメラ」を搭載する可能性が高いと予測されていましたが、直近の情報においては、「容量構成」によって仕様が異なる可能性が高いと予測されており、「大容量モデル」のみ「トリプルレンズカメラ」を搭載している可能性が高いと予測されています。詳細は「「容量構成」によって差別化を。次期「iPhone XI」は「大容量モデル」のみ「トリプルレンズカメラ」を搭載かも。」をご参照下さい。

さて今回GizChinaによると、次期「iPhone XI」は「TOFセンサー」と「超広角レンズ」が最大の特徴になる可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「カメラ」が最大の特徴に。

先日リークした基盤からも次期「iPhone XI」は「トリプルレンズカメラ」を搭載している可能性が高いと判断することができ、さらに上記の画像からも「ワイヤレス充電」に対応している可能性が高いと判断することができます。また先日リークした「レンダリング画像」と同じデザインを採用していることを確認することができ、「Huawei Mate20 Pro」のように、「スクエア型」にデザインを採用していることを確認することができます。

そして今回の情報によると、「iPhone XI」は「広角レンズ」「2倍望遠ズームレンズ」「超広角レンズ」で構成されることからも、「iPhone XS」シリーズのように「垂直型」の「デザイン」を採用できないとされています。また「トリプルレンズカメラ」に加えて、「TOFセンサー」を搭載する可能性が高いと予測されており、次期「iPhone XI」は、大幅に強化された「カメラ」が大きな特徴になるとしています。

やはり「カメラ」のデザインも搭載するレンズによって、制限があるということになりますよね。現状では「Huawei」の独壇場となっていますが、「iPhone XI」がどこまで迫ることができるのか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!