小型モデル「Galaxy Note10e」は「ヨーロッパ」市場限定になるかもって話。

「2018年」において、Samsungは「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」の販売不振により、深刻なダメージを受けていましたが、下期に発表された「Galaxy Note9」は、「Galaxy」シリーズで初めて「ストレージ」が「512GB」に対応するなど、「iPhone XS Max」と比較しても、かなりコスパがいいことからも、かなりの人気を博していたことが判明しています。

一方で「Galaxy Note9」の後継機種である「Galaxy Note10」に関しては、先日の情報からも、「5000mAh」の大型バッテリーを搭載し、さらに「イヤホンジャック」が廃止になり、「6.7インチ」の「4K OLED」を搭載すると予測されており、そのディスプレイは、まさに「悪魔」のようだと、かなり高精細な「ディスプレイ」を搭載する可能性が高いと予測されています。詳細は「悪魔のような超高精細なディスプレイを。「Galaxy Note10」はやはり「4K OLED」を搭載かもって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Galaxy Note10」の小型モデルである「Galaxy Note10e」は、「ヨーロッパ」市場限定になる可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


主に「ヨーロッパ」を中心に。

先日の情報からも、次期「Galaxy Note10」は「Note」シリーズとしては初となる2モデル展開になる可能性が高いと予測されており、そのうちの一つは、事前情報通り、「6.7インチ」を搭載した「Galaxy Note10+」に。そして小型モデルとして「Galaxy Note10e」が登場する可能性が高いと予測されています。詳細は「「Galaxy Note」の集大成にふさわしい。「Galaxy Note10」はやはり「6.7インチ」のディスプレイを搭載にって話。」をご参照下さい。

そして今回の情報によると、この「Galaxy Note10e」は「Galaxy S10+」と同じく「6.4インチ」になる可能性が高いと報告しています。また「Galaxy S10e」が特に人気を博している「ヨーロッパ」地方での発売が中心になる可能性が高いと予測しています。

す君買うとも「Galaxy Note10」は「Galaxy S10」シリーズと同様のデザインを採用する可能性が高いことからも、「Galaxy Note10e」に関しては、「Galaxy Note9」より僅かにコンパクトになる可能性が高いと判断することができます。ただ「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」のように、スペックにおいて差別化をするのか現時点では判然としない状況になっています。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!