「電池持ち」が良過ぎてびっくりた。「Huawei P30 Pro」の「バッテリーテスト」の結果が公開にって話。

いよいよ正式発表された「huawei P30」と「Huawei P30 Pro」ですが、先日の情報からも、同時に発表されると予測されていた「Huawei P30 Lite」に関しては、特段正式発表はなく、すでに「中国」で正式に発表されている「Huawei Nova 4e」と同一機種であることが判明しています。詳細は「「Xperia 1」の「カメラ」が大きく見劣るような。「Huawei P30」と「Huawei P30 Pro」のスペックと価格をまとめてみた。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Huawei P30 Pro」には「ヨーロッパ市場」限定で、「5G」に対応した特別モデルが存在している可能性が高いと予測されていましたが、実際には発表されることなく、これで今年の上半期においては、「5G」に対応した機種は、ともに「6月」に発売を開始すると予測されている「Huawei Mate X」と「Huawei Mate20 X」のみになると判断することができます。詳細は「「Huawei」で最も安価な「5G」対応機種に?「Huawei Mate20 X」の「5G」モデルは最善の選択肢にって話。」をご参照下さい。

さて今回GSM Arenaが公開した「Huawei P30 Pro」の「バッテリーテスト」の結果において、「Huawei P20 Pro」より大幅に「電池持ち」が改善していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「バッテリーテスト」の結果。

さて今回公開された「Huawei P30 Pro」の「バッテリーテスト」の結果が上記の画像になります。スコアが「100H」となっています。ちなみに直近の機種で見れば「Galaxy S10+」が「91」で「Huawei Mate20 Pro」が「86」となっており、「ハイエンドモデル」かつ「4000mAh」程度のバッテリー容量で、「スコア100」を記録した機種は久しぶりに見たと考えることができます。

ちなみに「Huawei P20 Pro」の「バッテリーテスト」の結果が上記の画像になります。「ディスプレイサイズ」が「0.4インチ」大きくなっており、バッテリー容量が「200mAh」大型化しているとはいえ、「Huawei P20 Pro」と比較してもHuawei P30 Pro」の電池持ちはかなりいいと判断することができます。正直なぜ「FHD」の表示解像度に留まったのか疑問が生じていましたが、ここまで「電池持ち」がいいのであれば、「2K」である必要性は全くありません。

「Android」は昔から「電池持ち」が悪いと言われてきましたが、「有機ELディスプレイ」を搭載したモデルで「100」までいくとちょっと感動を覚えます。むしろ昔から「電池持ち」がいいといわれてきた「iPhone」がこの境地に追いつくことができるのか非常に気になるところです。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!