「Xperia 1」は完成形ではない。「Xperia 2」以降につながる最初の1歩に過ぎないって話。

かなり情報が錯綜していますが、先日の情報からも「Xperia 1」から「Xperia L3」まで、「SONY製」の「カメラセンサー」よりも「 Samsung製」の「カメラセンサー」を搭載している割合が多いことが判明している一方で、「Xperia」に「 Samsung製」の「カメラセンサー」を搭載するのは一時的で、「Xperia 1」には「SONY製」の「カメラセンサー」をすべてに搭載した上位モデルが存在している可能性が高いと予測されています。詳細は「「下位」モデルだけじゃない。「Xperia 1」には「SONY製」の「カメラ」を全てに搭載した「上位」モデルが存在かも」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、「Xperia 1」は今年登場する「Xperia」の中で唯一の「premium」モデルである可能性が高いと予測されており、今年の後半に登場する次期「Xperia 2」は通常の「フラッグシップ」モデルになると予測されている中、「Xperia 1」より「Xperia 2」のほうが完成度が高い可能性が高いと予測されています。詳細は「意味深な投稿。有名なリーカーは「Xperia 1」より次期「Xperia」を待つ?って話。」をご参照下さい。

さて今回中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、「Xperia 1」は最初の第一歩に過ぎず、これから「Xperia」はより進化していく可能性が高いと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


最初の第一歩。

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

“合并后的索尼 Xperia 手机业务将会与其它业务有更加紧密的联系,更关注创作者的需求,基于索尼现有优势,带来更富索尼特色的智能手机产品。”

Xperia 1 是第 1 步。 ​​​​

さて今回の投稿によると、「4月1日」より「SONY」は部門が再整理されることになることが判明していますが、「カメラ」や「オーディオ」など部門の垣根を超えて、より優れた製品を開発できる可能性が高くなり、SONY独自の強みをより「Xperia」に反映させることが可能になるとしています。その上で、「Xperia 1」に関しては、「ステップ1」にすぎないとしています。

確かに「Xperia 1」は、今まで以上に部門の垣根を超えて、SONYの技術を結集して開発された製品であると判断することができますが、やはり「部門統合」の前とあとでは、協力姿勢が大きくことなりますよね。だからこそ先日の投稿にあるように、「Xperia 1」より「Xperia 2」のほうが、部門統合後の意見が反映される可能性が高いことからも、より完成度が高くなると判断することができます。今後どのような「Xperia」が登場するのか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!