「Exynos9820」を搭載した「Galaxy S10」シリーズは完全にハズレ。深刻なバグが発生にって話。

先日の情報からも「香港」を拠点とした「Etoren」において、「Galaxy S10e」「Galaxy S10」そして「Galaxy S10+」の「Exynos9820」モデルと「snapdragon855」搭載モデルが販売を開始していることが判明していますが、両方のモデルも初回入荷分は即日完売するなど、非常に好調な売れ行きを示していることが判明しています。

詳細は「衝撃の疑惑。「Etoren」で「Galaxy S10」や「Galaxy S10+」の初回入荷分はすべて完売かも。」と「「snapdragon855」搭載モデルのほうが人気?「Etoren」で「Galaxy S10」シリーズが即日完売に。」をご参照下さい。一方で、「Exynos」モデルのほうが「電池持ち」が悪いことが判明していますが、先日公開されたバッテリーテストの結果からも「snapdragon855」搭載モデルのほうが電池持ちがいいことが判明しています。詳細は「やはり購入するなら「snapdragon855」搭載モデルか。「Galaxy S10」シリーズでは、「電池持ち」の大きな差があるって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Galaxy S10」シリーズの「Exynos9820」を搭載したモデルは、「電池持ち」に関係する深刻なバグがあることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。


深刻なバグが発見に。

さて先日の情報からも、「Galaxy S10」シリーズには「Always on Display」によって、バグが発生している可能性が高いと予測されています。その上で今回の情報によると、「電池持ち」が悪くなる一つ目の要因として「近接センサー」のバグである可能性が高いとしています。「近接センサー」が誤動作をくりかえしていることからも、「ディスプレイ」がこまめに点灯することになり、その結果、電池持ちに悪影響を及ぼしている可能性が高いとしています。

そしてより深刻なのが、「VoIP」電話を利用することで、「スリープ」状態に入ることができず、その結果「電池持ち」にかなりの悪影響を及ぼしている可能性が高いとしています。まあ簡単に言えば、「SNSアプリ」の「通話」機能をよく利用している人は、使ってない人よりもかなり電池持ちが悪いと判断することができます。

一方でこの対策方法としては、「VoIP」電話を終了した後に、本体を「再起動」させるしかないとしています。ちなみに電話終了後、「再起動」をしない限り、「ディープスタンバイ」モードに入ることができないとしています。この修正のアップデートを Samsungはいつ配信するのか判然としません。特に「VoIP」電話をよく利用する人は、こまめに再起動するしかないですね。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!