ちょっと不満が残る「Galaxy S10」の「指紋認証」。Samsungはアップデートで大幅な改善を約束にって話。

先日の情報からも、「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」で初めて搭載された「超音波式ディスプレイ統合型指紋センサー」ですが、「サードパーティ製」の「スクリーンプロテクター」を装着すると、反応しずらくなることが判明しており、「Samsung」は純正の「スクリーンプロテクター」を同梱、もしくは最初から本体に装着していることが判明しています。詳細は「異例の対応?「Galaxy S10」は純正の「スクリーンプロテクター」が付属しているかもって話。」と「[レビュー]「Etoren」で購入した「Galaxy S10+」の「Ceramic White」が届いたので開封してみた。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「サードパーティ製」の「スクリーンプロテクター」は「指紋認証」が反応しずらくなるなから、「WhiteStone Dome Glass」であれば、それこそ、「7000円」以上の価格設定に、さらに「作業時間」として「2時間」くらい必要になるため、「手間とお金」がかかりますが、「指紋認証」が問題なく反応することが判明しています。詳細は「「Galaxy S10」の救世主?適応する「スクリーンプロテクター」は純正以外に「WhiteStone Dome Glass」のみかもって話。」をご参照下さい。

さて今回AllAbout Samsungによると、「 Samsung」は「Galaxy S10」や「Galaxy S10+」に採用されている「指紋認証」を大幅に改善することを約束したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。


大幅な改善を約束。

さて今回の情報によると、 Samsungは「Korea Herald」に語った内容として、「ディスプレイ統合型指紋センサー」を改善するためのアップデートを近くに配信することを約束したとしています。「指紋認証」が反応しない理由としては、冒頭でも記述した「スクリーンプロテクター」などの「外的要因」に加え、「ユーザー」の指の「乾燥」や「傷」に原因があると考えることができます。

おそらく「乾燥」や「傷」でもある程度認証できるように改善すると判断することができます。少なくとも「Galay S10」シリーズに採用されている「超音波式」は、多くの機種で採用されている「光学式」と比較して、「認証速度」や「認証精度」が大幅に改善するとされていますが、実際に使った感覚としては、「認証速度」も「認証精度」も「光学式」と大して差がありません。

だからこそ、より改善を求めたいところですよね。ちなみに「発売前」の配信を開始したアップデートにより、一度「指紋認証」が改善されており、さらに3月のゲキュリティパッチにおいて、「指紋認証」をさらに改善するとしています。まずは「3月」のセキュリティパッチでどれだけ「指紋認証」が改善されるのか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

おわり。


最新情報をチェックしよう!