「Compact」モデル「Xperia 4」は結局存在していないかもって話。

  • 2019年3月25日
  • 2019

先日の情報からも、SONYは日本市場限定で、「Compact」モデルの立ち位置となる「Xperia 4」を正式発表する可能性が高いと予測されており、少なくともリークしているスペックにおいては、「デュアルレンズカメラ」に「5.7インチ」のディスプレイを搭載し、さらに「アスペクト比21:9」を採用する可能性が高いと予測されています。詳細は「DoCoMoが新料金プランへの移行に伴いラインナップも大きく見直しへ。「Xperia 4」はもはや「Compact」ではない。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、この「Xperia 4」は最初「4月」に正式発表されると予測されると思いきや、「夏モデル」として登場する。そして「夏モデル」ではない。結果的に「間も無く」正式発表されると、かなり情報が錯綜しており、そもそも「Xperia 4」自体が本当に存在しているのか判然としない状況になりつつあります。詳細は「情報錯綜中。やはり「Xperia 4」を待つべきではない。「Xperia 4」は「Xperia 2」と「IFA2019」で正式発表に?」をご参照下さい。

さて今回中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、次期「Xperia 4」は存在していない可能性が高いと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「Xperia 4」は存在せず。

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

1都还没开卖,别想着4了,兴许没有呢。

今回の投稿は、有名なリーカーであるZackBuks氏による投稿となっており、「Xperia 1」はまだ発売されていない。そして「Xperia 4」については考えていない。恐らくないとしています。つまり「Xperia 4」は存在していないと考えることができます。先日の情報が正しければ、「Xperia 4」は「snapdragon710」を搭載すると予測されているので、「ミドルレンジモデル」になる可能性が高いと考えることができます。

とはいえ「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」がすでに発売を開始していること。そして「Xperia 4」に。また先日の情報からも「7.0インチ」の「ディスプレイ」を搭載した「Xperia 10 Ultra」が存在している可能性が高いと予測されています。詳細は「「Xperia Z Ultra」を超える存在に?「7.0インチ」の「Xperia 10 Ultra」が存在しているかも。」をご参照下さい。

このことからも、「ミドルレンジモデル」だけで「4機種」存在していることになり、さらに価格帯が似たり寄ったりであれば、結局機種の乱発になるだけで、売れるとは考えにくいです。まずは「Xperia 4」は「4月」に発表されるとしています。本当に発表されるのかどうか非常に楽しみですね。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


最新情報をチェックしよう!