人気殺到で超在庫不足に。「Xiaomi Mi 9」は品薄すぎで超価格が高騰しているって話。

日本では発売される可能性がかなり低いですが、海外では「Xiaomi」は「コスパ」の良さから根強い人気があり、先日発売を開始した最新機種である「Xiaomi Mi 9」は先行発売で数分で。そして本発売では僅か「53秒」で完売しており、「snapdragon855」搭載機種が僅か「5万円代」で購入できることからもかなりの人気を集めています。詳細は「超人気。「Xiaomi Mi 9」は僅か「53秒」で完売に。在庫が切れる前にGear Bestで購入しよう。って話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、かなりの人気を集めている「Xiaomi Mi 9」ですが、発売以降、需要に対して供給が全く追いついていない状況となっており、「3月下旬」に供給が安定するように生産を強化することを目指しているとしていますが、結局のところ供給が全く追いつかず、残念なことに一時的に派生モデルの発売を中止したことが判明しています。詳細は「あまりの人気で生産を前倒しに。「Xiaomi Mi 9」は3月末までに生産を大幅に強化へって話。」をご参照下さい。

さて今回GizChinaによると、「公式店」で欠品となっている「Xiaomi Mi 9」ですが、サードパーティのお店で品薄をいいことに価格が急騰していることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。


「価格」が急騰している。

さて今回の情報によると、「Xaiomi Mi 9」は一定の間隔で「再販売」を繰り返していますが、それでも在庫状況が安定をしているとはいえず、この状況を利用して「サードパーティ」のお店が、「Xiaomi Mi 9」の価格を値上げしている状態で販売していることが判明したとしています。少なくとも正規店ではあれば、「Xiaomi Mi 9」のRAM6GB/ROM128GB」モデルは、「3500元($521」となっていますが、「4000元($577」で販売しているとしています。つまり日本円で約「5万8000円」から「6万4000円」に値上がりしているとことになります。

ただ今回の情報では値上げしている店舗で実際に「Xiaomi Mi 9」が売れているかどうかまでは言及されていません。少なくとも「コスパ」の良さが人気を集める要因の一つになるので、値上がりをしてしまうと、大きく魅力を失うことになり、わざわざ「Xaiomi Mi 9」を購入しないユーザーも出てくると判断することができます。

一方で「香港」を拠点とした「Etoren」においてもようやく「Xiaomi Mi 9」の在庫状況が「在庫あり」になっています。さすがに現地価格ほどは安くありませんが、購入を考えている人は、「グローバルモデル」とはいえ、いつ在庫状況が不安定になるか判然としないため早めに購入することおすすめします。

 

おしまい。


最新情報をチェックしよう!