• HOME
  • ブログ
  • Huawei P30
  • 品質管理を大幅に向上させるため。「Huawei P30」シリーズの「ディスプレイ」は「Samsung製」を採用にって話。

品質管理を大幅に向上させるため。「Huawei P30」シリーズの「ディスプレイ」は「Samsung製」を採用にって話。

「3月26日」に正式発表が確実視されている「Huawei P30」や「Huawei P30 Pro」シリーズですが、先日の情報からも「Huawei P30 Lite」含めて、その「公式プレス画像」がリークしており、その最終デザインが判明しています。詳細は「「中国」で認証を通過に。「Huawei P30 Lite」はやはり「トリプルレンズカメラ」を搭載にって話。」と「世界1位の座を奪還することは可能か。「Huawei P30」「Huawei P30 Pro」の「デザイン」「スペック」まとめ。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも「Huawei P30」と「Huawei P30 Pro」は共通して「有機ELディスプレイ」を搭載することが判明しており、さらに「Huawei Mate20 Pro」と比較して「Huawei P30 Pro」はどのような意図か判然としませんが、「表示解像度」が「FHD」になっていることが判明しています。詳細は「「3月26日」に正式発表へ。「Huawei P30 Pro」の「公式プレス画像」と「スペック」がリークしたのでまとめてみた。」をご参照下さい。

さて今回GSM Arenaによると、「Huawei P30」や「Huawei P30 Pro」に採用されている「有機ELディスプレイ」は「Samsung製」を採用する可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「Samsung製」を採用に。

さて今回の情報によると、中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、「Huawei P30」と「Huawei P30 Pro」に採用される「有機ELディスプレイ」は「Samsung」製を採用する可能性が高いとしています。「Huawei」が「Samsung」製を採用するにあたって複数のメリットがあるとしており、一つ目としては、大量生産することが可能であること。

つまりよほどなことがない限り、「供給」が追いつかないということは考えにくいこと。そして、「Samsung」のサプライヤーを統一することで、リーク情報を減らすことができること。そしてもう一つは「品質管理」の改善が大きなメリットになるとしています。

少なくとも「Huawei Mate20 Pro」に採用されていた「有機ELディスプレイ」のサプライヤーは「LG」と「BOE」製のものであり、「LG」製の「ディスプレイ」に不具合が発生し、ディスプレイ全体が緑色になるという現象が発生し、「Huawei」もユーザーに対して迅速な対応を行なっていたのも記憶に新しいと思います。ただ本来であれば、このような不具合を起こすべきではありません。

だからこそ、不具合が発生しないとは言い切れませんが、世界一のサプライヤーである「Samsung」製を採用することで、「ユーザー」にとっても「Huawei」にとってもメリットがあると判断することができます。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧