• HOME
  • ブログ
  • Xperia XZ3
  • プロダクトとしての評価は高い。「Xperia XZ3」が「IF2019」のデザイン賞にノミネートされたって話。

プロダクトとしての評価は高い。「Xperia XZ3」が「IF2019」のデザイン賞にノミネートされたって話。

「Xperia XZ2」や「Xperia XZ2 Compact」で初めて採用された「アンビエントフロー」はかなり評判が低かった一方で、同じく「アンビエントフロー」を採用している「Xperia XZ3」はより「スリム」なベゼルに「Edgeスタイル」を採用しており、海外サイトは、まるで「タキシード」のようだとか、「アンチ」Xperiaユーザーをトリコにするなど。「スペック」はもちろん、「デザイン」に関してもかなりの高評価をしていることが判明しています。

詳細は「「最新」にして「最初」の機種に。「Xperia XZ3」はアンチ「Xperia」ユーザーを虜にする最初の機種にって話。」と「まさに「完璧に仕立てたタキシード」。辛辣な評価サイトが「Xperia XZ3」のデザインを大絶賛しているって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、「Xperia XZ3」に採用された「有機ELディスプレイ」は「SONY」の技術が結集されていることからも、非常に高く、ここ5年で発表・発売された機種の中で、最も素晴らしく、ユーザー体験を一変させる可能性があると大絶賛されていることが判明しています。詳細は「すべてのユーザー体験を変える最高のディスプレイを搭載に。「Xperia XZ3」は「Xperia」史上最高評価を獲得って話。」をご参照下さい。

さて今回昨年発売を開始し、「デザイン」そして「スペック」において、かなりの評価を獲得した「Xperia XZ3」が「IF2019」のデザイン賞にノミネートされたことが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「ノミネート」された。

さて今回、リーカーとして非常に定評のあるZackbuks氏が、中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて投稿されていた内容が以下のようになります。

索尼 Xperia XZ3 也成功入围 iF 2019 设计奖

今回の投稿によると、「Xperia XZ3」が「IF2019」の「デザイン賞」にノミネートされたことが判明したとしています。少なくとも賞を受賞したわけではありませんが。ただ仮に受賞すれば、「Xperia XZ1」以来となる快挙になります。詳細は「最もデザインが優れているスマホは「Xperia XZ1」?IFゴールドデザイン賞を獲得したって話。」をご参照下さい。

また思うのは、「Galaxy S10」や「Galaxy Note9」や「iPhone XS Max」より個人的には優れたデザインを採用した機種は他にも多く存在しており、「Xperia XZ3」の「デザイン」は競合他社の機種と比較すれば、そこまで評価は高くはありません。なので「IFデザイン賞」でのポイントと、「スマートフォン」としてのデザインのポイントは異なると判断することができます。

ただこれで「Xperia XZ3」で受賞すれば、「Xperia 1」にはもっと期待ができますよね。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧