原価コストを下げるため?やはり「Xperia 1」はサムスン製のカメラセンサーを3つ搭載しているって話。

先日いよいよ正式発表された「Xperia 1」ですが、同時に発表された「Xperia 10」や「Xperia 10 Plus」はすでに発売を開始している一方で、「Xperia 1」の詳細な発売日は判然としない状況にありますが、先日の情報からも「日本市場」が「グローバル」市場で最も早い発売時期になる可能性が高く、「5月下旬」になる可能性が高いと予測されています。詳細は「予約をすでに開始しているのは「Clove」と「Expansys」。「Xperia 1」の最速の発売はやはり「5月下旬」?」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも「国内」では「ドコモ「au」「ソフトバンク」が共通して「Xperia 1」を発売する可能性があると予測されていますが、「ドコモ」のみ「Xperia 1」を先行発売する可能性が高く、さらに「au」と「ソフトバンク」は「ドコモ」より数週間遅くなるとされていることからも、下手したら「6月」の発売になる可能性があると予測されています。詳細は「「DoCoMo」だけ先行発売に?「Xperia 1」は「DoCoMo」含めた「3キャリア」から「5月下旬」に発売開始にって話。」をご参照下さい。

さて今回中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、有名なリーカーであるZackbuks氏が「Xperia 1」の詳細な「カメラセンサー」に仕様を投稿していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「Samsung製」ばかり。

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

索尼 Xperia 1 的三摄系统均为 12MP,其中
26mm 焦段为 1/ 2.6”,索尼 IMX445,带 DRAM,1.4μm,78° ,F1.6 支持 光学+电子混合防抖
16mm 焦段为 1/ 3.4”,三星 S5K3M3,1μm,135°,F2.4
52mm 焦段为 1/3.4”,三星 S5K3M3,1μm,45°,F2.4,支持光学+电子混合防抖

少なくともメインカメラにおいて、「SONY」のカメラセンサーを採用しているのは僅か一つとなっており、残りの2つは「Samsung製」を採用していることを確認することができます。また「インカメラ」に関しても「Samsung製」です。つまり「4つ」搭載されているカメラのうち、「3つ」は「Samsung製」のカメラセンサーを搭載していると判断することができます。

正直「カメラセンサー」においては「トップクラス」のシェアを誇る「SONY」ですが、自社製品になぜ積極的に採用しないのか判然としません。やはり「SONY」製を搭載すると原価コストが高くなるからでしょうか。一方で「Xperia 10」や「Xperia 10 Plus」にもSamsung製のカメラセンサーが搭載されていることが判明しており、さらに公開された画像では画質が大幅に向上していることが判明しています。詳細は「「Xperia 10 Plus」で撮影した写真がめっちゃ綺麗。「画像」が多数公開されたって話。」をご参照下さい。

少なくとも、「Xperia」のカメラより「Galaxy」のカメラのほうが評価が高いので、ユーザーとして、より綺麗に写真を撮影できるのであれば、どちらでも構わないのかもしれませんが。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!