「iPhone XR」より大幅に悪いけど。「Galaxy S10e」の「電池持ち」は想定内の悪さにって話。

先日の情報からも、発売を開始した「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」の「バッテリーテスト」の結果が公開されており、「Galaxy S10+」に関しては、「Glaxy Note9」と比較すると、僅かながら「電池持ち」が悪いと判明しており、一方で「Galaxy S10」に関しては、「Galaxy S10+」と比較しても大幅に「電池持ち」が悪いことが判明しています。詳細は「「Galaxy S9+」と同等に。「Galaxy S10+」の電池持ちはあまり良くないかもって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、「中国」「アメリカ」「イギリス」「韓国」での「Galaxy S10」シリーズの事前予約状況が判明しており、特に「イギリス」においては事前予約で新記録を樹立したことが判明しており、爆発的なヒットとなった「Galaxy S8」シリーズ以上に「Galaxy S10」シリーズは売れている可能性があると判断することができます。

さて今回Phone Arenaによると、「Galaxy S10e」の「バッテリーテスト」の結果を公開しており、「電池持ち」がそこまで良くないことが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。


想定内の悪さ。

さて今回同サイトが公開したバッテリーテストの一部結果をまとめたものが上記の画像になります。今回の主役は「Galaxy S10e」になりますが、スコアは「7H」と今回比較されている機種の中では「電池持ち」が一番悪いことを確認することができます。同シリーズである「Galaxy S10+」が約「8時間」で「Galaxy Note9」が「9時間。

「Galaxy S10+」は「Galaxy Note9」より「100mAh」にしろ大きなバッテリーを搭載しているにも関わらず、スコアに「1時間」の差が出ているので、かなり「電池持ち」が悪化しているとも考えることができますが、何より歴代の「Galaxy Note」シリーズって電池持ちがいいんですよね。なのであまり参考にならず。執筆時点では「Galaxy S10」の「バッテリーテスト」の結果が公開されていません。

ただ、「Galaxy S10+」と「Galaxy S10e」では「バッテリー」の容量で「1000mAh」の差があります。このバッテリーの容量差を考えると、「Galaxy S10e」は「Galaxy S10」シリーズの中で健闘していると判断することができます。「3100mAh」のバッテリー容量で「有機ELディスプレイ」を搭載していることを考えると、十分に健闘した結果かなとおも思ってしまいます。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!