• HOME
  • ブログ
  • 2019
  • 「パープル」の次は「レッド」。次期「Compact」モデル「Xperia 4」の本体カラーが判明かもって話。

「パープル」の次は「レッド」。次期「Compact」モデル「Xperia 4」の本体カラーが判明かもって話。

先日の情報通り、存在はしている可能性が高い通称「Xperia XZ4 Compact」ですが、「MWC2019」では発表されず、一方で、「DoCoMo」の夏モデルとして「ミドルレンジモデル」扱いで発売される可能性があると予測されています。詳細は「やはり「ミドルレンジモデル」に。日本市場限定モデル「Xperia XZ4 Compact」のRAMは「4GB」かもって話。と「もういつ発表されるのか分からない。「Xperia XZ4 Compact」はヨーロッパでも発売にって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、この「Compact」モデルは、2019年中に発売される可能性が高いと予測されている中で、そのデザインに関しては最終確定していない可能性が高いとされており、「Xperia XZ4 Compact」は「Xperia 4」として正式に発表される可能性が高いと予測されています。詳細は「デザインが不確定に?次期「Xperia XZ4 Compact」のデザインは最終確定ではないかもって話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、次期「Xperia 4」の本体カラーに関する投稿がされていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


本体カラーが判明か。

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

no jack, thick is 9,2mm. silver, black, purple, red.

ちなみに「Xperia 4」は「Xperia XZ1 Compact」など、従来の「Compact」モデルと同程度の電池持ちになる可能性が高いと予測されており、さらに先日には詳細なスペックがリークしています。詳細は「DoCoMoが新料金プランへの移行に伴いラインナップも大きく見直しへ。「Xperia 4」はもはや「Compact」ではない。」をご参照下さい。

その上で、今回の投稿によると、「Xperia 4」はイヤホンジャックを搭載しておらず。さらに本体の厚さが「9.2mm」以下。そして本体カラーが「シルバー」「ブラック」「パープル」「レッド」になるとしています。まず「イヤホンジャック」がない「ミドルレンジモデル」ってどのような扱いなんですかね。「Xperia L3」や「Xperia 10」そして「Xperia 10 Plus」とも立場が違う。

そして本体カラーに「パープル」に「レッド」。「レッド」は「Xperia XZ premium」以来の復活で、レギュラー色だと、初めてではないのでしょうか?正直この「Xperia 4」の一連の投稿もあまり一貫性がありません。なので噂半分程度で捉えておいたほうがマシかもしれませんね。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧