• HOME
  • ブログ
  • Xperia 1
  • 開発は順調に?「Xperia 1」は今年の夏に「ドコモ」から発売されるのは確定かもって話。

開発は順調に?「Xperia 1」は今年の夏に「ドコモ」から発売されるのは確定かもって話。

先日正式発表された「Xperia 1」ですが、「トリプルレンズカメラ」に「4K OLED HDR」、さらには「ROM」が「128GB」対応など、歴代「Xperia」の中で最もハイスペックな仕様となっており、さらに「4K」の表示解像度に対応していることが、「premium」モデルの立ち位置である可能性が高いと予測されています。詳細は「やはり「premium」モデルの位置付けに。「Xperia 1」が今年最高の「Xperia」にって話。」をご参照下さい。

一方で「Xperia 1」が正式に発表される前の情報では、「Xperia 1」の開発が遅れている可能性が高く、「トリプルレンズカメラ」のみの展示になる可能性があれば、「公式プレス画像」のリークが遅くなったのも開発が遅れていることが原因にだったとされている一方で、実際に発表はされましたが、その展示方法からも、完全に完成していない可能性があると懸念されています。詳細は「意味深な投稿?有名なリーカーが「Xperia 1」は「premium」モデルであり「フラッグシップモデル」を注意喚起しているって話。」をご参照下さい。

さて今回中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、「Xperia 1」の開発は順調である可能性が高いと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「開発」は順調に?

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

索尼 Xperia 1 为何还没有官方样片发布呢?因为日本的相机团队还在调试…
其他的性能表现也同样不具备参考性
现在唯一能看的,应该就是外观和界面了
也就是 MWC 2019 上展示的那一套
倒也不是开发进度滞后,夏季上市也是跟 docomo 配合好的
希望最后是 1 出好戏 ​​​​

さて今回の投稿は、リーカーとして非常に定評のあるZackbuks氏による投稿となっており、今回の投稿によると、「予定」より開発が遅れているということはない。そして「ドコモ」の夏モデルとしてリストアップされているとしています。つまり、今時点では、問題なく最終段階の調整が行われており、さらに「ドコモ」の夏モデルとして登場することは確定の可能性が高いと判断することができます。

少なくとも「MWC」においては、「画面分割」機能などの、最終調整が終わってないことをSONYが明言しており、少なくとも「ハード」の問題より「ソフト」の問題のほうが多いと考えることができます。あと問題があるとすれば、「生産」の問題ですよね。事前情報が正しければ、「4K OLED」の生産は「Samsung」が請け負っている可能性が高く、昨年時点での情報では「今年の7月」以降しか出荷できないとされていました。

だからこそ、「ソフト」の調整と、「生産」の余裕を持たせるために発売が「6月」頃になると考えることもできます。とはいえ「Xperia 1」は「premium」モデルと同等の扱いであれば、「DoCoMo」の専売もしくは「au」との展開で、「ソフトバンク」は扱わないのですかね。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧