ついに「DoCoMo」のロゴが消える?「Xperia 1」ではキャリロゴの設置場所にだいぶ苦戦している模様って話。

先日の情報からも、「アンビエントフロー」を採用した「Xperia XZ3」や「Xperia XZ2 premium」と「Xperia 1」を比較した画像が公開されており、「Xperia XZ2 premium」と比較すると、「Xperia XZ3」はかなり洗練されたデザインを採用しているように見えますが、この「Xperia XZ3」と「Xperia 1」を比較すると「Xperia 1」のほうがより洗練されていることを確認することができます。詳細は「「Xperia XZ3」すらダサく見える。「Xperia 1」と「Xperia XZ3」や「Xperia XZ2 premium」を比較した画像が公開にって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Xperia 1」は「命名規則」が変更され、従来の「premium」の名称を冠していませんが、「4K OLED」を搭載していることや「トリプルレンズカメラ」を搭載していることからも「premium」モデルの立ち位置であると判断することができ、さらに「premium」モデルの特徴の一つでもあった「クロム」も廃止されています。詳細は「やはり「premium」モデルの位置付けに。「Xperia 1」が今年最高の「Xperia」にって話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、「DoCoMo」は「Xperia 1」のキャリアモデルにおける「キャリロゴ」の位置を決定しているのに大変苦労していることが判明したと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「キャリアロゴ」の位置が決まらない?

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

Docomo is struggling where to put a logo mark on the Xperia 1 hahaha. Because the new xperia 1 has Sony and xperia logo mark on the back, there is no place to put Docomo logo mark. hahaha by my uncle.

今回の投稿によると、「DoCoMo」は「Xperia 1」に対して「キャリロゴ」を入れる場所を決定するのに非常に苦労しているとしています。上記の画像からも確認することができますが、「Xperia 1」における「SONY」と「Xperia」のロゴは「背面」に集中しており、逆に「フロント」部分においては、「ベゼル」が「スリム化」したことで、「ロゴ」を入れる場所がありません。

だからこそ、「DoCoMo」のロゴを入れる場所がなくて困っているのかもしれません。ちなみに「Xperia XZ3」で確認すると以下のようになります。

「グローバル」モデルだと「背面」に「Xperia」のみ。そして「フロント」部分に「Xperia」となっています。一方で「DoCoMo」モデルだと以下のようになります。

「背面」の「Xperia」のロゴの位置は変更せず、「指紋認証」の下に「DoCoMo」のロゴが設置されており、「フロント部分」は「グローバルモデルと同じく「SONY」のロゴが。「Xperia XZ3」の「DoCoMo」のロゴの位置もどうかと思いますが、一応「Xperia XZ3」にはまだ「キャリアロゴ」を入れる場所があったと考えることができます。

だからこそ「Xperia 1」はスペースがなくて、苦労しているんですね。一層のこと、「キャリアロゴ」をなくしてしまえばいいのにと思ってしまいますが。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!