順当なデザインか。次期「Galaxy Note10」の精細なレンダリング画像が公開にって話。

先日の情報からも、今年の後半に正式発表されると予測されている「Galaxy Note10」ですが、「6.7インチ」の大型ディスプレイを搭載し、さらに「Galaxy」として初の「4K OLED」を搭載する可能性が高く、この「ディスプレイ」は「悪魔のようだと」かなり高精細になる可能性が高いと予測されています。詳細は「「Galaxy Note」の集大成にふさわしい。「Galaxy Note10」はやはり「6.7インチ」のディスプレイを搭載にって話。」と「悪魔のような超高精細なディスプレイを。「Galaxy Note10」はやはり「4K OLED」を搭載かもって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、次期「Galaxy Note10」は「Galaxy S10」シリーズには採用されなかった新しい「バッテリー」が搭載され、従来の「バッテリー」より大幅に「電池持ち」が改善すると予測されている一方で、「メインカメラ」に関しては「クアッドレンズカメラ」を搭載する可能性が高いと予測されています。詳細は「「Galaxy Note10」も同様に「クアッドレンズカメラ」を搭載かも注目すべきは「Galaxy S10 5G」かもって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、今年の後半に正式発表が予測されている次期「Galaxy Note10」の精細なレンダリング画像を公開していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


レンダリング画像が公開に。

さて今回公開された次期「Galaxy Note10」のレンダリング画像が上記の画像になります。「infinity O」ディスプレイを採用し、「デュアルフロントレンズ」カメラを搭載し、さらに背面には「クアッドレンズカメラ」を搭載していることを確認することができます。デザインに関しては「Galaxy S」シリーズと「Galaxy Note」では異なるデザインでしたが、「Galaxy S10」シリーズで「Galaxy Note」寄りのデザインを採用したこともあり、ほぼ「Galaxy S10」と同じデザインを採用していることを確認することができます。

また「6.7インチ」のディスプレイを搭載していることを考えれば、「Galaxy S10+」というよりは、「Galaxy S10 5G」にそっくりですよね。ただ先日の情報からも「Galaxy Note10」では、「5000mAh」の大型バッテリーを搭載するにあたって、「イヤホンジャック」を廃止すると予測されていますが、今回のレンダリング画像では「イヤホンジャック」の存在を確認することができます。詳細は「より大型のバッテリーを搭載するために。「Galaxy Note10」は「イヤホンジャック」をついに廃止へって話。」をご参照下さい。

また「Galaxy Note10」シリーズからは、「5G」に標準対応するために、新たに「Exynos9825」を搭載するとの予測もありますが、直近の情報では「Galaxy S10」と「Galaxy S10 5G」のように、「5G」モデルが別に存在している可能性が高いとも予測されています。すでに開発を開始している可能性が高いですが、どの段階まで開発が進んでいるのか判然としません。とはいえ「Galaxy Note10」は「Galaxy S10」シリーズと近いデザインを採用して登場することは間違いなさそうですよね。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


最新情報をチェックしよう!