もう「Compact」モデルは不要なのでは?「Xperia 10」と「Compact」モデルを比較した画像が公開にって話。

先日の情報からも、従来の流れであれば、「ハイエンドモデル」に「RAM」強化版が存在していましたが、今年に関しては「Xperia 1」には「上位モデル」が存在しておらず、「Xperia 10」には「RAM4GB」そして「Xperia 10 Plus」にRAM6GB」モデル。つまり上位モデルが存在していることが判明しており、上位モデルに関しては、「コスパ」に優れていると判断することができます。詳細は「「Xperia 1」に上位モデルは存在せず?でも「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」には「RAM」上位モデルが存在にって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも「Xperia 10」で撮影されたとされている画像が投稿されていることが判明しており、正直「ミドルレンジモデル」で撮影した画像ではない、最高クラスの画像となっており、もちろん撮影者の腕前もあると思いますが、「ミドルレンジモデル」とはいえ、今年の「Xperia」は「カメラ」に相当期待できると判断することができます。詳細は「「Xperia 10 Plus」で撮影した写真がめっちゃ綺麗。「画像」が多数公開されたって話。」をご参照下さい。

さて今回中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、「Xperia XZ」と「Xperia 10」を比較した画像が投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


比較画像が公開に。

さて今回投稿されていた画像が上記の画像になります。「Xperia XZ」が左側。そして右側が「Xperia 10」となっています。「ディスプレイサイズ」としては「Xperia XZ」が「5.2インチ」で「Xperia 10」が「6.0インチ」となっています。「アスペクト比」は「Xperia XZ」が「16:9」そして「Xperia 10」が「21:9」を採用しています。

少し前までは「SONY」自体が「5.2インチ」程度が最も最適な「ディスプレイサイズ」と発言していましたが、「アスペクト比」が異なっているため、単純にはいきませんが、「Xperia XZ2」で「5.7インチ」そして「Xperia XZ3」では「6.0インチ」とディスプレイの大型化が進んでおり、それこそ「Xperia XZ3」と比較すると、「Xperia XZ」や「Xperia XZ1」などはかなりコンパクトに見えます。

さらに「Xperia 10」自体の横幅が「68mm」である一方で、「Xperia XZ」などの歴代メインストリームモデルの横幅は「72mm」程度、そして「Xperia XZ1 Compact」など歴代「Compact」モデルは「65mm」となっています。つまり「アスペクト比21:9」を採用してたことも大きいですが、「Xperia 10」のサイズは、「メインストリームモデル」より、「Compact」モデルよりのサイズ感になってきています。

そして「Xperia 10」の本体の厚みは歴代「Compact」モデルと比較すると、圧倒的に薄いことも確認することができます。「Xperia 10」があるからこそ、SONYは無理に「Xperia」のCompactモデルを発売することを考えてないのかもしれませんよね。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


最新情報をチェックしよう!