驚異的な予約数。「Galaxy S10」シリーズの予約数は「Galaxy S9」の数倍の予約数を獲得にって話。

先日の情報からも、「Galaxy S10」シリーズは「3月8日」より発売が開始になることが確定している一方で、「5G」に対応した「Galaxy S10 5G」に関しては、「韓国」で「3月29日」に発売を開始することが判明していますが、一方で、具体的な販売時期などは判明しておらず、少なくとも「ヨーロッパ」での展開地域は判明しています。詳細は「やはり発売地域は限定的に。「Galaxy S10 5G」の「ヨーロッパ」での発売地域が判明にって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、「Galaxy S10」シリーズ、「Galaxy S10e」以外に関しては、初の「ディスプレイ統合型指紋センサー」が搭載されていますが、「サードパーティ」製の「スクリーンプロテクター」であると反応しない可能性が高いことからも、Samsungは「純正」の「スクリーンプロテクター」を同梱している可能性が高いとしています。詳細は「異例の対応?「Galaxy S10」は純正の「スクリーンプロテクター」が付属しているかもって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Galaxy S10」シリーズの中国のでの予約数が、前モデルである「Galaxy S9」シリーズを大幅に超えていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


大幅に予約数が増えた。

さて今回の情報はリーカーとして非常に定評のあるIce Universe氏がTwitterでTweetしていることから判明したとしており、同氏は以下のようなTweetをしています。

今回のTweetを確認すると、「中国」の「Galaxy S10」シリーズの事前予約において、「Galaxy S10」シリーズの2時間分での予約数が、「Galaxy S9」シリーズ、「24時間分」の予約数の「2倍」に達しているとしています。少なくとも、「中国」で「Galaxy S9」シリーズが「24時間」でどれだけの予約数を獲得したか判然としませんが、「Galaxy S10」シリーズは「Galaxy S9」シリーズと比較すれば、かなり好調であると判断することができます。

「Galaxy S9」シリーズは、インパクトがかなり強かった「Galaxy S8」シリーズと比較しても、マイナーアップデートであったことからも、あまり支持を獲得ができなかった一方で、「Galaxy S10」シリーズに関しては、「フルモデルチェンジ」となっていることからも、それだけ支持を獲得することができたと判断することができます。

「アメリカ」においても、「容量」や「本体カラー」によっては、すでに欠品をしており、予約を開始している地域ではかなりの反響であると判断することができます。日本語に対応した「Etoren」でもすでに「Galaxy S10」シリーズの販売を開始しています。気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!