• HOME
  • ブログ
  • Xperia 1
  • 「Galaxy」や「Huawei」が不在の中。「Xperia 1」が「MWC2019」で最優秀賞を獲得にって話。

「Galaxy」や「Huawei」が不在の中。「Xperia 1」が「MWC2019」で最優秀賞を獲得にって話。

先日正式に発表され、その発売は「6月頃」になると予測されている「Xperia 1」ですが、早くも「IFA2019」で発表される次期「Xperia」に関する情報がリークしており、次期「Xperia」の名称は「Xperia 0」になる可能性が高いと予測されている中、「Xperia 2」になる可能性もあり、「Xperia 1」とは別ラインになる可能性が高いと予測されています。詳細は「やはり「premium」モデルの位置付けに。「Xperia 1」が今年最高の「Xperia」にって話。」をご参照下さい。

一方で一部メーカーは「5G」に対応した機種を正式に発表している中、以前の情報では、「5G」に対応した機種を最も早く発売するのは「SONY」になると予測されてきましたが、「MWC2019」では「5G」に対応した機種は発表されなかったものの、「5G」に対応したプロトタイプが展示されていることが判明しており、次期「Xperia」で対応する可能性があると予測されています。詳細は「「Xperia 1」のみが「トリプルレンズカメラ」に?IFA2019で発表される次期「Xperia」は「デュアルレンズカメラ」を搭載かもって話。」をご参照下さい。

さて今回中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、「Xperia 1」は「MWC2019」で「最優秀賞」に選ばれたことが判明したと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「最優秀賞」を獲得に。

さて今回の情報によると、「SONY」の「Xperia 1」は海外サイトであるPhone Arenaによって、「SONY」の「Xperia 1」は「MWC2019」において「最優秀賞」に選出されたことが判明したと報告しています。前モデルである「Xperia XZ3」の時も「IFA2018」で最大15個の賞を獲得していたことを考えると順当ともいえます。詳細は「「有機ELディスプレイ」の搭載は「Xperia」の歴史を変えた。「Xperia XZ3」は賞を総なめしているって話。」をご参照下さい。

やはり「アスペクト比21:9」や「トリプルレンズカメラ」そして「4K OLED HDR」ディスプレイが高く評価されたと判断することができます。「Xperia 1」の詳細なスペックは「SONYの本気が垣間見える。「Xperia X1」を正式に発表。「スペック」の詳細が明らかに。」をご参照下さい。ただ残念なのは、「Samsung」の「Galaxy S10」シリーズや「Huawei」の「Huawei P30 Pro」が含まれていないことです。正直「Galaxy S10」や「Huawei P30 Pro」が含まれていたらどうなる分かりませんよね。

ただ「Xperia 1」では今までこれといった特徴がなかった「Xperia」のはっきりと「ディスプレイ」という特徴をつけており、これは「Huawei」や「Galaxy」にもない特徴です。窮地に追い込まれた「Xperia」だからこそ、「Xperia 1」を起点にぜひ盛り上がって欲しいところです。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧