• HOME
  • ブログ
  • Xperia 1
  • やはり「Xperia 1」は「RAM8GB」が必要だった?次期「Xperia 2」も「RAM6GB」にって話。

やはり「Xperia 1」は「RAM8GB」が必要だった?次期「Xperia 2」も「RAM6GB」にって話。

先日には「Xperia 1」が正式に発表され、かなり情報が錯綜していましたが、大方事前情報通り、「トリプルレンズカメラ」を搭載し、さらには世界初の「アスペクト比21:9」そして世界初の「4K OLED HDR」を搭載しており、新シリーズの「Xperia」としては、かなりハイスペックな仕上がりで発表されました。詳細は「SONYの本気が垣間見える。「Xperia X1」を正式に発表。「スペック」の詳細が明らかに。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、この「Xperia 1」は「4K OLED HDR」を搭載していることからも「premium」モデルの位置付けとなっており、今年の後半に開催されるIFA2019において、次期「Xperia」は「フラッグシップモデル」になる可能性がある。つまり「Xperia 1」ほどハイスペックではない可能性が高いと予測されています。詳細は「「Xperia 1」のみが「トリプルレンズカメラ」に?IFA2019で発表される次期「Xperia」は「デュアルレンズカメラ」を搭載かもって話。」をご参照下さい。

さて今回中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、有名なリーカーであるZackbuks氏が、次期「Xperia」のRAMも「6GB」になると投稿していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


RAM6GBになる。

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

@来生之初:Sony手机一定要在关键的方面缺一口气,内存8G起就完美了。都2019了旗舰还6G

今回の投稿によると、ちょっと中国語が上手く訳せないのですが、SONYの機種には重要な面で欠けている必要性がある。「RAM8GB」は完璧です。そして「2019年」に登場する次期「フラッグシップ」モデルは「RAM6GB」です。としています。つまり今回の投稿から分かるのは、今年の後半に登場が予測されている「Xperia 2」に関しては、「RAM6GB」である可能性が高いこと。

そして、SONYは製品開発の上で、あえて物足りなさを演出している可能性があり、だからこそ「Xperia 1」はRAM6GB」である可能性が高いこと。正直原価コストを少しでも安くするには、あえてスペックを抑える必要性がありませんよね。「RAM6GB」であれば、すでに「Xperia XZ2 premium」でも採用されており、さらに「Xperia 10 Plus」と同様なので、原価コストの削減に貢献している可能性も十分に考えられます。詳細は「「Xperia 1」に上位モデルは存在せず?でも「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」には「RAM」上位モデルが存在にって話。」をご参照下さい。

少なくとも「Xperia 2」が「Xperia 1」以上のスペックを搭載しないことを考えたら、「RAM8GB」を搭載して欲しいところですが、「RAM6GB」を搭載するのが無難なところですよね。っているかずっと「RAM4GB」だったので、当面は「RAM6GB」かもしれませんね。ちなみに「Xperia 10」はすでに発売を開始しています。きになる方はぜひチェックして見て下さい。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧