• HOME
  • ブログ
  • 2019
  • 命名規則が判然としない。IFA2019で発表される次期「Xperia」の名称はやはり「Xperia 0」かもって話。

命名規則が判然としない。IFA2019で発表される次期「Xperia」の名称はやはり「Xperia 0」かもって話。

先日開催されたイベントにおいて、世界初の「アスペクト比21:9」を採用し、さらには「4K OLED HDR」を搭載した「Xperia 1」が正式発表され、その「価格」や「発売日」は公表されていませんが、少なくとも「SIMフリーモデル」に関しては、今年の春頃とされていることからも、「4月」までに発売される可能性が高いと予測されています。詳細は「SONYの本気が垣間見える。「Xperia X1」を正式に発表。「スペック」の詳細が明らかに。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Xperia 1」は「premium」モデルの位置付けとなっており、今年発表される「Xperia」の中でもっとも高性能であるとされており、つまり「IFA2019」で発表される次期「Xperia」は「Xperia 1」より低スペックになる可能性が高いと予測されています。詳細は「IFA2019は期待するべきではない?IFAで登場する次期「Xperia 0」は「Xperia 1」よりスペックが控え目かもって話。」をご参照下さい。

さて今回、リーカーとして非常に定評のあるZackbuks氏が、中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、次期「Xperia」の名称を示唆した投稿をしていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「Xperia 0」に?

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

9 月 Xperia 应该还有新机,可能是减配 1。

「9月」に発表される次期「Xperia」の名称は「1」以下のはずとしています。少なくとも「1」以下となると「0」しかありません。さすがに「マイナス」とか「小数点」はありえないと判断することができるので。このとからも、次期「Xperia」の名称は「Xperia 0」である可能性が高いと判断することができます。

まだ「Xperia 1」や「Xperia 10」が正式発表される前の情報として、次期「Xperia」の名称は「Xperia 0」になるとされており、正直冗談かと思っていましたが、なんだか現実味が帯びてきましたね。詳細は「本当かな?IFA2019で登場する次期「Xperia」の名称は「Xperia 0」と「Xperia 100」にって話。」をご参照下さい。

また「IFA」でも「ミドルレンジモデル」が発表されるとしており、この「ミドルレンジモデル」の正式名称は「Xperia 100」になるとしています。正直なんとも言えません。ただ今回の情報を通してやはり思うのは今後の「命名規則」です。「Xperia 1」から。「Xperia 10」から。そして「Xperia 0」からそれぞれ派生していくのだと考えることができますが、実際にはどのような命名規則になるんでしょうかね。

その答えは早くても「来年」にならないと判然としないので、まだまだ先の話になります。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧