• HOME
  • ブログ
  • Xperia 1
  • 「Xperia 1」のみが「トリプルレンズカメラ」に?IFA2019で発表される次期「Xperia」は「デュアルレンズカメラ」を搭載かもって話。

「Xperia 1」のみが「トリプルレンズカメラ」に?IFA2019で発表される次期「Xperia」は「デュアルレンズカメラ」を搭載かもって話。

先日に「トリプルレンズカメラ」を搭載し、さらには世界初の「4K OLED」を搭載し、さらに「シネマワイド」と呼ばれる「アスペクト比21:9」を採用した「Xperia 1」が正式に発表されましたが、先日の情報からも、「Xperia XZ2」や「Xperia XZ3」とは異なり、「RAM」の強化モデルが存在していない可能性が高いと予測されています。詳細は「「Xperia 1」に上位モデルは存在せず?でも「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」には「RAM」上位モデルが存在にって話。」と「IFA2019は期待するべきではない?IFAで登場する次期「Xperia 0」は「Xperia 1」よりスペックが控え目かもって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Xperia 1」は「premium」モデルの位置付けである可能性が高く、「IFA2019」で発表される次期「Xperia」は、「Xperia 1」のように「4K OLED」を搭載している可能性は低く、「premium」モデルではなく、「フラッグシップ」モデルとして登場する可能性が高いと予測されています。詳細は「やはり「premium」モデルの位置付けに。「Xperia 1」が今年最高の「Xperia」にって話。」をご参照下さい。

さて今回中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、「MWC2019」のブースにおいて、「5G」に対応した次期「Xperia」のプロトタイプが展示されており、その画像が投稿されていることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。


プロトタイプが展示に。

さて今回投稿されていた「5G」に対応した次期「Xperia」のプロトタイプの画像が上記の画像になります。少なくとも「Xperia 1」と同じく、「アスペクト比21:9」を採用しているようにも見え、さらに「デュアルレンズカメラ」を搭載していること。そして、本体の厚みが「Xperia 1」より厚いことを確認することができます。

「側面」から撮影した画像を確認すると、「電源ボタン」「音量ボタン」そして「シャターボタン」を確認することができます。また見間違えでなければ「Galaxy S10 e」のように「指紋認証」が「側面」の「上部」に搭載されていることを確認することができます。

そして「ベゼル」に関しては、ちょっと太めで、「インカメラ」と「ステレオスピーカー」を搭載していることを確認することができます。少なくとも「5G」に対応することで、より「複雑なアンテナ」や「大型バッテリー」を搭載する必要性があることからも、「4G」モデルと比較しても本体サイズが大きくなる可能性は十分に考えられます。

ただ今回の投稿によると「Xperia 1」より小型化されているとしていることからも、本体の「厚み」をますことで、本体が大きくならないようにしているとも考えることができます。これはあくまでもプロトタイプだとされていますが、次期「Xperia」のヒントに十分になり得ると考えることができます。次期「Xperia」は「フラグッシプモデル」ではありながらも、「5G」に対応していることが大きな特徴になるかもしれませんね。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧