• HOME
  • ブログ
  • Xperia 1 , Xperia 10
  • 「Xperia 1」に上位モデルは存在せず?でも「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」には「RAM」上位モデルが存在にって話。

「Xperia 1」に上位モデルは存在せず?でも「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」には「RAM」上位モデルが存在にって話。

先日には、かなり情報が錯綜していた「Xperia 1」が正式に発表され、ほぼ事前情報通りに世界初の「4K OLED HDR」に対応し、さらに「Xperia」初となる「トリプルレンズカメラ」を搭載し、さらにはまた世界初となる「アスペクト比21:9」を採用し、「Xperia XZ2」シリーズと比較しても、デザインが刷新されており、かなりの評判の高さを獲得していることが判明しています。詳細は「SONYの本気が垣間見える。「Xperia X1」を正式に発表。「スペック」の詳細が明らかに。」をご参照下さい。

一方で、「Xperia 1」の発表に合わせ、同じく「アスペクト比21:9」を採用し、さらには「ミドルレンジモデル」として初となる「デュアルレンズカメラ」を搭載した「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」が正式に発表され、さらにデザイン的には「Xperia 10」シリーズにも引けを取らない「Xperia L3」も正式に発表され、全部で4機種が発表されたことになります。詳細は「日本で発売の可能性も。「Xperia 10」と「Xperia L3」がついに正式発表。「スペック」は正直いまいちって話。」をご参照下さい。

さて今回Sony Mobileの公式ホームページから、「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」には「RAM」の上位モデルが存在していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


上位モデルが存在に。

さて上記の画像は、「Sony Store」の「香港」における「Xperia 10」の製品ページになりますが、上記の画像からも「RAM4GB」であることを確認することができます。「グローバル」モデルに関しては「RAM3GB」となっていることからも、やはり上位モデルが存在していたことになります。一方で「Xperia 10 Plus」の製品ページを確認すると、「RAM6GB」となっていることを確認することができます。

少なくとも「Xperia 10 Plus」の「グローバルモデル」は「RAM4GB」となっていることからも、「Xperia 10 Plus」も上位モデルが存在していることになります。「香港」における「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」の詳細な価格はまだ判然としませんが、従来の流れをみる限り、「グローバルモデル」と同等の価格設定になります。

正直「グローバル」モデルに関しては、「スペック」が「Xperia XA2」シリーズと比較してもそこまで進化を感じられませんでしたが、今回判明した上位モデルだとだいぶ印象が変わります。特に「Xperia 10 Plus」に関しては「RAM6GB」あると「コスパ」が「4GB」と比較して劇的に変わりますよね。

一方で執筆時点での状況になりますが、逆に「Xperia 1」に関しては、上位モデルの存在を確認することができません。事前情報では「RAM8GB」が存在していると予測されていましたが、存在しないんでしょうか。ちょっと「ミドルレンジモデル」のみに「上位モデル」が存在しているのは残念です。少なくとも今回の情報からも、SIMフリーモデルを購入するのであれば「香港」を拠点としている「Expansys」や「Etoren」で購入するのがおすすめになります。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧