IFA2019は期待するべきではない?IFAで登場する次期「Xperia 0」は「Xperia 1」よりスペックが控え目かもって話。

先日SONYが開催した「イベント」において、ほぼ事前情報通りの「デザイン」と「スペック」を搭載した「Xperia 1」が正式に発表され、「4K OLED HDR」に「トリプルレンズカメラ」を搭載していることからも、従来の「Xperia XZ3」と「Xperia XZ2 premium」の後継機種に該当し、実質「premium」モデルに該当すると判断することができます。詳細は「SONYの本気が垣間見える。「Xperia X1」を正式に発表。「スペック」の詳細が明らかに。」をご参照下さい。

一方で「Xperia 1」と合わせて、「ミドルレンジモデル」である「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」そして「エントリーモデル」である「Xperia L3」も正式に発表され、「Xperia L3」こそ命名規則は変更されませんでしたが、「Xperia 1」と含めて、完全に新シリーズに移行したと判断することができます。詳細は「日本で発売の可能性も。「Xperia 10」と「Xperia L3」がついに正式発表。「スペック」は正直いまいちって話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、「IFA」で発表される次期「Xperia」は「Xperia 1」以下の仕様になる可能性があると投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「IFA」はあまり期待できない?

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

flagship is not necessarily to be premium, September one is flagship, just not as premium as Xperia 1

We might still possible to see some even premium phone than Xperia 1 this year, i guess

さて今回の投稿は、ESATO内でも信頼性抜群のリーカーからの投稿になっており、先日投稿していたヒントも「Xperia 1」のカメラセンサーの具体的数字を見事的中させています。今回の投稿によると、「フラッグシップモデル」は必ずしも「プレミアム」モデルである必要性はない。「IFA2019」で発表される次期「Xperia」は「Xperia 1」ほどプレミアムではないとしています。

つまり今回の投稿を考慮すれば、やはり「Xperia 1」は「premium」モデルの位置付けで、次期「Xperia」は普通の「フラッグシップ」モデルだと考えることができ、先日の情報からも、次期「ハイエンドモデル」は「Xperia 0」になる可能性が高いと予測されていることからも名称とスペックに整合性がつきます。詳細は「本当かな?IFA2019で登場する次期「Xperia」の名称は「Xperia 0」と「Xperia 100」にって話。」をご参照下さい。

ただ今年に関しては「Xperia 1」よりプレミアムなモデルがでる可能性があるともしています。単純に考えれば「5G」モデルですよね。先日の情報からも「4G」モデルと「5G」モデルが存在していると予測されており、「Xperia 1」に関しては「4G」モデルだと判断することができます。このことからも、今年に限っては「5K」に対応した「プレミアム」モデルが登場してもおかしくはありません。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!