• HOME
  • ブログ
  • Xiaomi
  • 「2月26日」より正式に発売開始。「Xiaomi Mi 9」が先行発売で即完売にって話。

「2月26日」より正式に発売開始。「Xiaomi Mi 9」が先行発売で即完売にって話。

「日本」で発売されておらず、かつての勢いもなく、「Huawei」の押され気味の「Xiaomi」ですが、「Huawei」が「プレミアム」モデルの育成に尽力している中、「薄利多売」方式とはいえ、「コスパ」に優れた機種を常に開発・発売をしており、昨年には「Xiaomi Mi MAX 3」や「Xiaomi Mi MIX 3」を発売しています。詳細は「3万円で購入できるファブレット。「Xiaomi Mi MAX 3」はコスパ最強だったって話。」をご参照下さい。

一方で先日には「Xiomi」はイベントを開催し、最新機種である「Xiaomi Mi 9」を正式に発表し、SONYの新型カメラセンサーである「IMX586」を搭載した「トリプルレンズカメラ」に、「6.4インチ」の「有機ELディスプレイ」を搭載するなど、他の「ハイエンドモデル」に全く引けを取らないスペックを搭載しています。詳細は「RAM12GBに本体は透明に。次期「Xiaomi Mi9」のスペックの詳細が明らかにって話。」をご参照下さい。

さて今回GizChinaによると、中国で先行発売を開始した「Xiaomi Mi 9」が即日完売したことが判明したと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


即日完売に。

さて今回の情報によると、「2月26日」より正式に発売を開始する「Xiaomi Mi 9」ですが、「中国」で先行発売を開始し、その結果、発売開始数分で完売したことが判明したとしています。ただ今回の情報によると、「Xiaomi」が、先行発売用にどれだけの台数を用意していたのかは公表していないとしています。

少なくとも先日の正式発表からも「価格」が「Xiaomi Mi 8」に対して高くなっていることからも、「コスパ」が悪くなったと批判されていましたが、先行発売用に、クーポンを用意したこと。そして「RAM6GB/ROM128GB」モデルがやはり「5万円」という価格は、ユーザーから好印象である可能性が高く、今回の結果につながったと判断することができます。

少なくとも「Xiaomi Mi 9」と同等のスペックを実現している機種で「Huawei」や「Galaxy」であれば、「10万円」以上する可能性が高く、半額程度で購入できることを考えれば、やはりやすいです。あくまでも批判されたのは、前モデルとの比較においてであり、他の競合機種と比較すれば、そのコスパは抜群です。

日本でもついに「キャリア」で端末を購入することにメリットがなくなってきている中、コスパが優れた「中華スマホ」が今後より注目を集めると考えることができます。気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧