• HOME
  • ブログ
  • Galaxy S10
  • Samsung純正品に限定される?「Galaxy S10」シリーズの「スクリーンプロテクター」によっては「指紋認証」が上手く動作しないって話。

Samsung純正品に限定される?「Galaxy S10」シリーズの「スクリーンプロテクター」によっては「指紋認証」が上手く動作しないって話。

先日の情報からも、次期「Galaxy S10」シリーズは「3モデル」構成になることが確実視されており、特に最上位モデル扱いである「Galaxy S10+」に関しては、「4100mAh」と大型バッテリーを搭載している一方で、その本体の薄さは「7.8mm」と、「Galaxy S7」以来の薄さを実現している可能性が高いと予測されています。詳細は「「Galaxy S9」シリーズユーザーにとっても魅力的な存在に。「Galaxy S10+」はやはり大幅に薄型化されるって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、次期「Glaxy S10」シリーズのリークした実機画像からも「指紋認証」部分のスクリーンプロテクターがくりぬかれていることが判明しており、「サードパーティ製」であることが原因なのか、「ガラス」もしくは「フィルム」が問題なのか判然としませんが、「ディスプレイ統合型指紋センサー」が上手く起動しない可能性が高いと予測されています。詳細は「醜いデザインに。「Galaxy S10」の「指紋認証」は「Huawei Mate20 Pro」と同様の問題を抱えているって話。」をご参照下さい。

さて今回SamMobileによると、Samsung純正の「スクリーンプロテクター」であれば、「Galaxy S10」シリーズの「ディスプレイ統合型指紋センサー」が上手く動作する可能性があると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


Samsung純正。

先日までの情報通り、今回の情報では、「Galaxy S10」シリーズ用とされている「スクリーンプロテクター」のそのほとんどは「ディスプレイ統合型指紋センサー」と相性が悪く、「指紋認証」部分をくり抜く必要性があるとした上で、上記の画像にようにSamsung純正の「スクリーンプロテクター」であれば、正常に動作する可能性が高いとしています。

少なくとも上記の画像において、「指紋認証」部分がくりぬかれていることを確認することができません。なので、そのまま使って使用に問題がないと判断することができます。またSamsungの純正としては「Galaxy S10e」から「Galaxy S10+」専用まで用意してあることを確認することができます。

先日の情報からも、「Galaxy S10e」はのぞいて、「ディスプレイ統合型指紋センサー」は「超音波式」を採用する可能性が高いことからも、その「認証精度」や「認証速度」は大幅に改善されると期待されていましたが、正直「Huawei Mate20 Pro」に搭載されている「光学式」とそこまで差がないように感じてしまいます。

日本で「キャリアモデル」が発表された時には、Samsungの純正品が発売になるかもしれませんが、少なくとも「SIMフリー」モデルが発表された直後においては、なかなか日本国内で入手するのは難しそうですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧