• HOME
  • ブログ
  • Galaxy S10
  • 「Galaxy S10」シリーズのカメラの仕様がようやく判明に。「Galaxy Note9」より大幅に強化にって話。

「Galaxy S10」シリーズのカメラの仕様がようやく判明に。「Galaxy Note9」より大幅に強化にって話。

先日の情報からも、次期「Galaxy S10」シリーズのバッテリー容量が判明しており、当初の予測と異なり、「Galaxy S10 E」が「3100mAh」「Galaxy S10」は「3400mAh」そして「Galaxy S10+」が「4100mAh」であることが判明しており、「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」よりは大型バッテリーを搭載していることが判明しています。詳細は「ちょっと小さめのバッテリーを搭載かも。次期「Galaxy S10+」のみが「大型バッテリー」を搭載にって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも「Galaxy S10」シリーズの「グローバルモデル」の発売日は「3月8日」であるのに対して「韓国」や「アメリカ」など一部の地域では「3月6日」に発売されることが判明しており、さらに「Galaxy S10+」の最上位モデル「RAM12GB/ROM1TB」に関しては、「3月15日」の発売になる可能性が高いと予測されています。詳細は「「Galaxy S10+」の限定モデルである「セラミック」版はちょっと遅れて「3月15日」に発売開始かもって話。」をご参照下さい。

さて今回GSM Arenaによると、「Galaxy S10」や「Galaxy S10+」の詳細な「カメラ」のスペックが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。


「カメラ」の仕様が判明に。

さて今回「Galaxy S10」や「Galaxy S10+」のスペックシートがリークしたと報告しており、長らくその詳細が不明だった「カメラ」の仕様も合わせて判明しました。「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」は共通の仕様になっており、「1200万画素+1200万画素+1600万画素」となっていることを確認することができます。従来通り、「2つ」の「カメラ」には「光学式手ぶれ補正」が搭載されていることを確認することができます。

また「F値」を確認する限りでも「デュアルアパチャー」機能を搭載していると考えることができます。そして今回「トリプルレンズカメラ」を搭載したことによって「3つ目」のカメラは完全に「広角」機能に特化していますね。ただ「光学式手ぶれ補正」には対応していない模様。そして「Galaxy S10 E」の仕様も確認することができますが、「デュアルレンズカメラ」とはいえ、そこまで悪くない仕様になっています。

インカメラに関しては、「Galaxy S10+」のみが「1000万画素」+「800万画素」の「デュアルレンズカメラ」仕様となっており、その他「Galaxy S10」と「Galaxy S10 E」の関しては「1000万画素」になっていることを確認することができます。正式発表まで後1週間となってきましたね。今回リークしたスペックの信憑性はかなり高いと考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧