• HOME
  • ブログ
  • Galaxy S10
  • 「Galaxy S10+」の限定モデルである「セラミック」版はちょっと遅れて「3月15日」に発売開始かもって話。

「Galaxy S10+」の限定モデルである「セラミック」版はちょっと遅れて「3月15日」に発売開始かもって話。

先日の情報からも、次期「Galaxy S10」シリーズの最上位モデルである「Galaxy S10+」のみが「RAM12GB/ROM1TB」の「Galaxy 」史上最高の大容量モデルが存在していることが判明しており、この「大容量モデル」のみが、本体の材質が「セラミック」を採用すると予測されている中、先日には「セラミックホワイト」の実機画像がリークしています。詳細は「ついにそのデザインが判明に?次期「Galaxy S10+」のセラミックホワイトの実機画像がリークにって話。」をご参照ください。

一方で先日の情報からも、「イタリア」や「インド」における「Galaxy S10」シリーズのラインナップと価格が判明しており、少なくともこの「Galaxy S10+」の大容量モデル「RAM12GB/ROM1TB」も展開される可能性が高いことからも、「グローバル」モデルになる可能性が高いと予測されています。詳細は「「Galaxy S10」シリーズのヨーロッパでの展開が判明に。「ストレージ」と「価格」を確認しよう。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「3月8日」に発売を開始すると予測されている「Galaxy S10+」の最上位モデル「RAM12GB/ROM1TB」の発売は少し遅れる可能性があると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


発売は「3月15日」に?

さて今回の情報によると、XDAの開発者からの情報として、「フィリピン」の Samsungの事前予約ページにおいて、「Galaxy S10+」の最上位モデルの発売は「3月15日」からになる可能性が高いことが判明したとしています。上記の画像からも確認することがえきますよね。単純に考えればoption Bから順番に「Galaxy S10+」「Galaxy S10」そして「Galaxy S10 E」であると判断することができます。

そして「optionA」が「Galaxy S10+」の「セラミック」モデルになりますよね。ただ今回の情報に関しては、あくまでも「フィリピン」国内における対応となっており、他の地域でも同様の展開になるのか判然としない状況にあります。少なくとも発売日自体がちょっと早い「韓国」や「アメリカ」においても、このセラミックモデルが「3月15日」まで先延ばしになるとは正直考えにくいです。

今回の情報においても「$1500」になるとされていることからも、やはり生産台数は限定している可能性があり、極端に需要が偏らないように、発売時期をあえて分散している可能性も十分に考えられます。先日の情報からも、次期「Galaxy S10」シリーズは「Wi-Fi6」に対応していることや、事前予約をすると「Galaxy Buds」が無料特典になることも判明しています。詳細は「地域限定になりそうだけど。「Galaxy S10」シリーズを事前予約で「Galaxy Buds」が付属するかもって話。」をご参照下さい。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧