• HOME
  • ブログ
  • Galaxy
  • 発表直前だけど。「Galaxy F」の新たなコンセプト画像が公開にって話。

発表直前だけど。「Galaxy F」の新たなコンセプト画像が公開にって話。

少なくとも昨年末からすでに生産を開始していると予測されている「折りたたみ式」を採用した「Galaxy F」ですが、その生産規模は「100万台」を超えると予測されていることからも「グローバルモデル」になる可能性が高く、さらに先日の情報からも「2月20日」に開催されるアンパックにおいて正式に発表される可能性が高いと予測されています。詳細は「Samsungの広告にヒントが。次期「Galaxy F」は「2月20日」にやはり正式発表に?って話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、おそらく「2月20日」のアンパックにおいて公開予定だとされているプロモーションビデオがリークしており、長らくそのデザインが不明だった5Gに唯一対応する「Galaxy S10 X」や、「折りたたみ式」を採用した「Galaxy F」の実機らしき画像が写っており、ようやくデザインが判明しつつあります。詳細は「ついに「Galaxy F」の実機が動画に?SamsungのPVがリークしたって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、次期「Galaxy F」の新たなコンセプト画像が新たに公開されたことが判明したと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


コンセプト画像がリーク。

さて今回公開された「Galaxy F」のコンセプト画像が上記の画像になります。少なくとも先日リークしたプロモーションビデオに登場している機種と同様のデザインを採用していることを確認することができます。ただプロモーションビデオの機種よりは、本体の厚みがあるようにも見えてしまいますが。ディスプレイとして、大きく分けて2面となっており、それ以外に、おそらく「カメラ」などが搭載されている「背面」があると考えることができます。

閉じた時は、こんな感じです。むしろ普通のスマホより「フルスクリーンデザイン」を採用していることもあり、デザインがすっきりしていますよね。ただ「顔認証」や「虹彩認証」を搭載している可能性は低く、「指紋認証」がいいところで、本当よくて「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載していると予測することができます。

先日の情報からも「Galaxy F」は今年の上半期には発売される可能性が高く、さらにその金額は「Galaxy」シリーズの2倍程度になると予測されていることからも「30万円」程度になると予測されています。詳細は「「Galaxy S10+」の2倍の価格に?次期「Galaxy F」はやはり「30万円程度」の価格設定かもって話。」と「2019年9月までには発売開始に。折りたたみ式を採用した「Galaxy F」の発表への準備が着々と進行って話。」をご参照下さい。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧