• HOME
  • ブログ
  • Galaxy S10
  • ついにそのデザインが判明に?次期「Galaxy S10+」のセラミックホワイトの実機画像がリークにって話。

ついにそのデザインが判明に?次期「Galaxy S10+」のセラミックホワイトの実機画像がリークにって話。

先日の情報からも「2月20日」に正式発表される可能性が高いと予測されている「Galaxy S10」シリーズですが、すでに「Galaxy S10 E」「Galaxy S10」「Galaxy S10+」の公式プレス画像がリークしており、共通して「infinity O」を採用していることが判明しており、まさにそのデザインは事前情報通りであることが確認されています。詳細は「ついに公式プレス画像がリーク。「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」は「4色」展開にって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、次期「Galaxy S10+」のみが「Galaxy S10」シリーズの中ではちょっと異質で、「RAM12GB/ROM1TB」の最上位モデルのみが「セラミック」を採用している可能性が高く、さらに本体カラーとしては「セラミックホワイト」と「セラミックブラック」が存在していると予測されています。詳細は「「Galaxy S10+」の「RAM12GB/ROM1TB」のみ特別仕様に?本体に「セラミック」を採用にって話。」をご参照下さい。

さて今回リーカーとして非常に定評のあるEvanBlass氏が自身のTwitterにおいて、「Galaxy S10+」の「セラミックホワイト」である可能性が高い実機画像をTweetしていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


実機画像がリークに?

さて今回Tweetに添付されていた画像が上記の画像になります。少なくとも先日までの情報では、ホワイトに関しては「公式プレス」画像しかリークしていないため、その質感を確かめる方法はありません。ただ少なくとも先日リークしたほかのカラーの実機画像の質感と比較すると違うように見えるんですよね。詳細は「「Galaxy Note9」とあまり代わり映えがないような。次期「Galaxy S10」シリーズの実機画像がついにリークって話。」をご参照下さい。

上記の画像が先日リークした「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」の実機画像とされているものですが、今回リークした画像と改めて比較してみると質感が異なりますよね。だとすれば、今回リークした画像は「Galaxy S10+」の最上位モデルである「セラミックホワイト」の可能性が高いと判断することができます。

「指紋」の付き具合などは気になるところですが、「ガラス」のような安っぽさもなく、さらに本体の強度も増しており、さらに重さもそこまで変わらないとされています。ただその分本体価格が高くなるとされており、約「20万円」程度とされています。詳細は「最も高価な「1TB」の容量で「20万円」に。次期「Galaxy S10」シリーズの本体価格が判明にって話。」をご参照下さい。

今回のTweetで、同氏はこの画像に何も言及しておらず、単純に画像を添付しているだけですが、同氏が今Tweetすることを考えれば、「セラミック」を指していると考えることができます。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧