• HOME
  • ブログ
  • Galaxy S10
  • 最適化は順調に?「Galaxy S10」シリーズのベンチマークが「iPhone XS」に肉薄しているって話。

最適化は順調に?「Galaxy S10」シリーズのベンチマークが「iPhone XS」に肉薄しているって話。

先日の情報からも、「Galaxy S10」シリーズは共通して「infinity O」を採用する可能性が高いと予測されていましたが、ついに「公式プレス」画像がリークしており、「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」は「Edgeスタイル」を。「Galaxy S10 E」に関しては、フラットなデザインを採用していることが判明しており、いよいよデザインの全貌が見えたと考えることができます。詳細は「「iPhone XR」の直接的なライバルに。「Galaxy S10 E」の公式プレス画像がリークって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも「Galaxy S10」のベンチマークがリークしており、「Exynos9820」を搭載しているにも関わらず、ベンチマークスコアがあまりにも悪く、スコアが伸びなかった理由としては、「ソフト」に対して最適化されていないことが原因だとされており、「snapdragon855」を搭載しているモデルが当たり扱いになる可能性が高いと予測されています。詳細は「「Xperia XZ4」のほうがハイスコア。「Galaxy S10+」のベンチマークがリークって話。」をご参照下さい。

さて今回リーカーとして非常に定評のあるIce Universe氏が、自身のTwitterにおいて、次期「Galaxy S10」のベンチマークをTweetしていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


ベンチマークが判明に。

さて今回リークした「Galaxy S10」のベンチマークが上記の画像になります。モデル番号からしても「GAlaxy S10+」だと考えることができます。またRAMが「6GB」を搭載していることからも「ベースモデル」であると考えることができます。「Android9.0」を搭載していること。そして「Exynos9820」を搭載していることを確認することができます。

マルチスコアが「10387」となっており、「iPhone XS」シリーズが搭載している「A12 Bionic」には及びませんが、「シングルコア」に関しては「4472」となっていることからも、かなり肉薄していることを確認することができます。少なくとも先日までの情報では、最適化されていないとされていましたが、今回のベンチマークを見る限りでは心配する必要性はなさそうですよね。

先日の情報からも「Galaxy S10+」には、さらに「RAM8GB」モデルと「RAM12GB」モデルが存在していることが判明しています。詳細は「「Galaxy S10」シリーズのヨーロッパでの展開が判明に。「ストレージ」と「価格」を確認しよう。」をご参照下さい。少なくとも「RAM12GB」モデルになれば、最適化されていればの話になりますが、ベンチマークスコアがさらに上昇すると考えることができます。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧