• HOME
  • ブログ
  • 2019
  • 「革新」ではなく「進化」に。次期「Xperia XZ4」は「ディスプレイ」以外は目立った特徴はないかもって話。

「革新」ではなく「進化」に。次期「Xperia XZ4」は「ディスプレイ」以外は目立った特徴はないかもって話。

先日の情報からも、かなり情報が錯綜していますが、次期「Xperia XZ4」は、MWC2019で正式に発表される可能性が高いと予測されていますが、「ハイエンドモデル」に関しては「Xperia XZ4」のみになるとされており、さらに「発売時期」に関しては、その理由は判然としませんが、「5月頃」になると予測されており、かなり発表と間隔が空く可能性が高いと予測されています。詳細は「やはり発売日は遅めの可能性。次期「Xperia XZ4」は国内モデルと同じく「5月」頃に発売開始かもって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、中国の認証機関の認証を通過した可能性が高いと予測されており、合わせて一部スペックがリークしており、それこそ「カメラ」に関しては、判然としない状況ながらも、「バッテリー」サイズや、ディスプレイサイズなどが判明しており、さらに「本体カラー」が「Xperia Z」以来となる「3色」になる可能性が高いと予測されています。詳細は「ついに認証を通過かも。次期「Xperia XZ4」は「Xperia Z」と同じく「3色」展開にって話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、次期「Xperia XZ4」は「ディスプレイ」以外目立った進化はないと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


目立った進化はなし?

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

I was told to expect an evolution rather than a revolution. It’ll be as good as it’s competition but nothing outstanding apart from the screen. Don’t expect the camera to be more than the usual Xperia standard. Ambient flow is gone, a new look is here without notch so some bezels are there. That’s what I got, not convinced by the Compact renders and the guy agrees but most likely the screen size and smaller bezel than the renders. Questions remain about the FPS in screen or not, not clear yet

今回の投稿によると、まず次期「Xperia XZ4」は「革新」よりも「進化」を期待するべきだとしており、「ディスプレイ」は大きく進化するとしています。ただそれ以外のスペックに関しては、競合他社と同等のレベルになるとしていますが、それ以上でもそれ以下でもなく目立った特徴はないとしています。

さらに高画素化が予測されている「カメラ」ですが、通常の「Xperia」のレベル程度になるとしています。つまり、そこまで大幅な進化を期待するべきではないと考えることができます。そして、「側面」に搭載されると予測されている「指紋認証」ですが、「ディスプレイ統合型指紋センサー」が搭載される可能性が全くないわけではないとしています。

今回の投稿が正しければ、次期「Xperia XZ4」は「アスペクト比21:9」に「有機ELディスプレイ」が大きな特徴になりそうですよね。また目立った特徴がないとしておきながらも、競合他社と同じ程度のスペックになることはかなり需要だと考えることができます。どちらにせよ「Xperia XZ3」と比較すると、かなりスペックアップになりそうですよね。

ただ今回投稿した人物は、過去に全く見当違いの投稿もしているので、その信憑性は正直なんとも言えません。ただ「革新」より確実な「進化」をするだけでもユーザーとしては十分だと考えてしまいます。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧