• HOME
  • ブログ
  • Galaxy S10
  • 「Galaxy S9」シリーズユーザーにとっても魅力的な存在に。「Galaxy S10+」はやはり大幅に薄型化されるって話。

「Galaxy S9」シリーズユーザーにとっても魅力的な存在に。「Galaxy S10+」はやはり大幅に薄型化されるって話。

先日の情報からも、「2月20日」に正式発表される可能性が高いと予測されている「Galaxy S10」シリーズですが、「グリーン」「ブラック」「ホワイト」の「公式プレス」画像がリークしていることが判明しており、事前情報と同じく、「Galaxy S10 E」は「デュアルレンズカメラ」「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」は「トリプルレンズカメラ」を搭載していることが確認されています。詳細は「ついに公式プレス画像がリーク。「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」は「4色」展開にって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、次期「Galaxy」シリーズのプロモーションビデオがリークしており、「Galaxy S10」シリーズや「Galaxy S9+」のような機種が登場していることを確認することができますが、何より話題となっているのが、そのデザインが判然としなかった「Galaxy F」らしき端末も登場していることが判明しています。詳細は「ついに「Galaxy F」の実機が動画に?SamsungのPVがリークしたって話。」をご参照下さい。

さて今回GizChinaによると、「Galaxy S10+」は先日の情報通り、より大型のバッテリーを搭載して、「Galaxy S9」シリーズよりより薄くなると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


より薄型に。

さて今回の情報は、リーカーとして非常に定評のあるIce Universe氏による情報となっており以下のようにTweetしています。

It seems that the Galaxy S10+ is thinner than the S9+, 7.8mm thick and accommodates a larger battery of 4100mAh. For comparison, the S9+ has a thickness of 8.5mm and only has a 3500mAh battery.

先日の情報にもありましたが、やはり次期「Galaxy S10+」は「4100mAh」と大型のバッテリーを搭載している一方で、「7.8mm」と薄型化に成功しており、前モデルである「Galaxy S9+」と比較すると、「3500mAh」の「8.5mm」となっていることからも、本体の内部設計が大幅に変更されている可能性が高いと考えることができます。

近年のスマートフォンは「ベゼルレスデザイン」の採用かつ「アスペクト比18:9」の採用によって、横幅がそこまで長くなることがないので、大型ディスプレイを搭載している割には、持ちやすくはなっていますが、「Galaxy S10+」では本体が薄型化されることでさらに持ちやすくなると考えることができます。一時期薄型化が一緒のブームになっていましたが、また薄型化も一つのトレンドになるのかもしれませんね。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧