「Galaxy F」に続くか。やはり「Huawei」は「MWC2019」で折りたたみ式機種を発表にって話。

だいぶ前の情報になりますが、「2月20日」にSamsungは「折りたたみ式」を採用した「Galaxy F」を正式に発表する可能性があると予測されている中、「Huawei」も同様に折りたたみ式を採用した機種を開発しているとされており、「顔認証」や「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載してたプロトタイプがリークしています。詳細は「折りたたみ式機種「Huawei Mate X」は「顔認証」に「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載かもって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Huawei」は「MWC2019」において「Huawei P30」や「Huawei P30 Pro」を正式に発表する可能性が高いと予測されている一方で、この2機種の特徴としては「5G」に対応していること、さらに「折りたたみ式」を採用した機種も発表する可能性が高いと予測されています。詳細は「4月に登場へ。MWC2019で「Huawei」は「Huawei P30」シリーズと「折りたたみ式」機種を発表にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Huawei」の「MWC2019」のイベント招待状のティザー画像からも、やはり「折りたたみ式」を正式に発表する可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「折りたたみ式」を発表に。

さて今回「Huawei」が「MWC2019」のイベントの招待状に採用したティザー画像が上記の画像になります。「2月24日」に開催することを確認することができます。そして大きな話題になっているのが、この「V字型」になっている機種です。

単純に考えれば、「折りたたみ式」機種の湾曲部分ですよね。つまり「折りたたみ式」機種を正式に発表すると考えることができます。先日の情報では、「Huawei」の「折りたたみ式」は「8インチ」程度になると予測されており、さらに一つあたりの「ディスプレイ」は「5インチ」程度になるのではないかと予測されています。詳細は「「Huawei」の折りたたみ式を採用した機種は「Huawei Mate X」に?「5インチ」ディスプレイを複数搭載にって話。」をご参照下さい。

ただそれ以外のスペックに関しては判然としない状況となっています。また「Galaxy F」とは反対で、デバイスを山折する形状になっているとはされていますが、これも判然としない状況になっています。また今回の情報では、おそらくこの「折りたたみ機種」は「発表」と「デモ」を行うのみで、発売はずれ込む可能性があるとしています。

確かに先日の情報でも「4月」以降に発売を開始すると予測されているので。とりあえず発表するだけして、その存在をアピールすることで、他社を牽制する可能性が考えられます。その金額や、生産台数など判然としない状況ですが、Samsungの「Galaxy F」よりは先に発売を開始しそうですよね。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


最新情報をチェックしよう!