• HOME
  • ブログ
  • Galaxy S10
  • まだ量産は開始せず。5Gに対応した「Galaxy S10 X」は思ったより高くならないかもって話。

まだ量産は開始せず。5Gに対応した「Galaxy S10 X」は思ったより高くならないかもって話。

先日の情報からも、次期「Galaxy S10」シリーズは、ベースモデルが3モデル存在していると予測されており、さらに「5G」に対応した「Galaxy S10 X」が存在していると予測されている中、「ベースモデル」は「3月8日」に。「Galaxy S10 X」は「3月29日」に発売を開始すると予測されています。詳細は「韓国で先行発売開始に。「Galaxy S10」シリーズは「3月8日」より発売開始って話。」と「「Galaxy S10+」の最上位モデル「Beyond X」の正式名称は「Galaxy S10 X」で「3月29日」より発売開始にって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、大容量モデルに関しては、特別仕様になる可能性が高く、「Galaxy S10+」の「RAM12GB/ROM1TB」モデルと「Galaxy S10 X」の「RAM12GB/ROM1TB」モデルに関しては、本体の材質に「セラミック」が採用されている可能性が高く、より耐久性が高くなると予測されています。詳細は「「Galaxy S10+」の「RAM12GB/ROM1TB」のみ特別仕様に?本体に「セラミック」を採用にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、次期「Galaxy S10」シリーズの量産は開始したとされている一方で、「Galaxy S10 X」に関してはまだ量産を開始していないことが判明したので簡単にまとめたいと思います。


量産開始に。

さて今回の情報によると、Samsungは「Galaxy S10 E」「Galaxy S10」「Galaxy S10+」の生産を開始したことが判明したとしており、「3月8日」の発売に向けて最終準備を整えているとしています。一方で、プレミアムモデルになる「Galaxy S10 X」に関しては、まだ量産を開始していないとしています。「Galaxy S10 X」は「3月29日」に発売を開始することからも、まだ時間的余裕があるからだと見られています。

ただ今回の情報でも残念なことに、その生産台数がどの程度になるかは言及されていません。少なくとも先日の情報からも「アメリカ」や「ロシア」で発売される可能性が高いと予測されていることからも、「グローバル」展開になる可能性は高いと予測されています。詳細は「「Galaxy S10」シリーズの最上位モデル「Beyond X」。「アメリカ」と「韓国」の限定発売になるかもって話。」をご参照下さい。

一方で価格に関しても言及しており、「RAM12GB/ROM1TB」モデルに関しては「$1500」程度になると予測されています。「Galaxy S10+」の最上位モデルのほうが事前情報では高いことになるので、ちょっと情報が矛盾していることになりますが、仮に「$1500」程度でしたら、そこまで高い印象を受けません。バリバリ「20万円」以上だと思っていたので。

正式発表まであと3週間程度になります。発表されてから、発売まであっという間に時間が経過しそうですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧