「TOFセンサー」に「光学10倍ズーム」に。「Huawei P30 Pro」の新たなレンダリング画像が公開にって話。

先日の情報からも、CADを基に作成されたレンダリング画像が公開されている「Huawei P30」ですが、少なくとも「トリプルレンズカメラ」や「水滴型ノッチ」を採用している可能性が高いと予測されている一方で、「Huawei P30 Lite」と「Huawei P30 Pro」に関してはレンダリング画像がリークしていない状態となっています。詳細は「「Huawei P20 Pro」の完成形のデザインに。「Huawei P30」の超精細なレンダリング画像が公開にって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、「Huawei P30」シリーズのスクリーンプロテクターがリークしており、「huawei P30 Lite」が「6.0インチ」「Huawei P30」も同様に「6.0インチ」そして「Huawei P30 Pro」は「6.4インチ」になると予測されており、シリーズ通して、全体的にコンパクトなディスプレイを搭載していることが判明しています。詳細は「さらなるスクリーンプロテクターがリーク。「Huawei P30 Lite」や「Huawei P30 Pro」のディスプレイサイズが判明にって話。」をご参照下さい。

さて今回GizChinaによると、「Huawei P30」と「huawei P30 Pro」の新たなレンダリング画像がリークしていると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「レンダリング画像」が公開に。

さて今回公開された「Huawei P30」のレンダリング画像が上記の画像になります。少なくとも「トリプルレンズカメラ」を搭載していることを確認することができ、さらに先日の情報通り、「水滴型」ノッチを採用していることを確認することができます。また上記のレンダリング画像においては「音量ボタン」と「電源ボタン」を確認することができますよね。

次に上記の画像は「Huawei P30 Pro」のレンダリング画像になります。ちょっとノッチの部分のデザインが「水滴型」に見えない感じもするんですが。本体側面の「音量ボタン」と「電源ボタン」は共通となっていますよね。一方で背面を確認すると「クアッドレンズカメラ」を搭載していることを確認することができます。「Huawei P30 Pro」は少なくとも「光学式10倍ズーム」に対応する可能性が高いと予測されています。

また「Huawei P30 Pro」に関しては「TOFセンサー」が搭載されている可能性が高いと予測されていることからも、かなりカメラが強化されていると考えることができます。先日の情報からも「Huawei P30」は「IMX600」で「Huawei P30 Pro」は「IMX607」を搭載している可能性が高く、最大で「4000万画素」に対応している可能性が高いと予測されています。詳細は「本体サイズは小型化へ。「Huawei P30 Pro」は「Huawei P20 Pro」と同等の本体サイズにって話。」をご参照下さい。

約1年「Huawei P20 Pro」が「DxOMark」でトップの座を守り続けてきましたが、「Huawei P30」シリーズがどのような結果になるのか非常に気になるところですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!