• HOME
  • ブログ
  • Galaxy S10
  • ちょっと小さめのバッテリーを搭載かも。次期「Galaxy S10+」のみが「大型バッテリー」を搭載にって話。

ちょっと小さめのバッテリーを搭載かも。次期「Galaxy S10+」のみが「大型バッテリー」を搭載にって話。

先日の情報からも、次期「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」の実機画像がようやくリークしており、事前情報と同じく、「パンチホール式」の「ノッチ」スタイルを採用しており、さらに「Galaxy S10」は「シングルレンズフロントカメラ」そして「Galaxy S10+」は「デュアルレンズフロントカメラ」を搭載していることを確認されており、デザインは確定しつつあります。詳細は「「Galaxy Note9」とあまり代わり映えがないような。次期「Galaxy S10」シリーズの実機画像がついにリークって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Galaxy S10」シリーズは、薄型化すると予測されている中、「バッテリー容量」は大型化すると予測されており、「Galaxy S10 E」は「3100mAh」「Galaxy S10」は「3500mAh」「Galaxy S10+」は「4000mAh」になるなど、「Galaxy S9」シリーズより大型化する可能性が高いと予測されています。詳細は「「Galaxy Note9」と同等のバッテリー容量に。次期「Galaxy S10」シリーズの「バッテリー容量」が判明にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Galaxy S10」シリーズは、当初の予測ほどの大型のバッテリーを搭載していない可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


思ったよりバッテリーは小さい。

さて今回の情報によると、次期「Galaxy S10 E」「Galaxy S10」「Galaxy S10+」が「ブラジル」での認証を通過したことが判明したとしており、認証時の情報が上記の画像になります。少なくとも今回の画像によると、「Galaxy S10」シリーズのバッテリー容量を確認することができます。

「Galaxy S10 E」は「3000mAh」「Galaxy S10」は「3300mAh」「Galaxy S10+」が「4000mAh」であることを確認することができます。少なくとも「Galaxy S10 E」と「Galaxy S10」に関しては、事前情報より小型のバッテリーを搭載していることになります。

一方で、先日の情報からも、「Galaxy S10 E」に関しては判然としませんが、「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」は、「バッテリー」が最適化されていること、そしてより冷却システムを搭載していることが、大きな特徴であるとされています。詳細は「「電池持ち」は劇的に改善に?次期「Galaxy S10」シリーズの大きな特徴の一つは「バッテリーの最適化」かもって話。」をご参照下さい。

このことからも、事前情報よりは「小型化」されていますが、「Galaxy S9」シリーズと比較すれば間違いないく大型化されています。さらに最適化されていることを考えれば、「電池持ち」は劇的に改善していると考えることができます。少なくとも「Galaxy Note9」は昨年発売を開始した「ハイエンドモデル」の中でもトップクラスの電池持ちを実現しているので、「Galaxy S10」シリーズでも期待できそうですよね。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧