7nmに対応した「Exynos9825」を搭載へ。「Galaxy Note10」は「5G」に標準対応へって話。

先日の情報からも、次期「Galaxy Note10」は「Galaxy」シリーズ初となる「4K OLED」を搭載した機種になると予測されており、その「ディスプレイ」は悪魔のようだと、超高精細なる一方で、フレームワークが「120Hz」と、「有機ELディスプレイ」では最高クラスになる可能性が高いと予測されています。詳細は「悪魔のような超高精細なディスプレイを。「Galaxy Note10」はやはり「4K OLED」を搭載かもって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、次期「Galaxy Note10」は「6.7インチ」の大型ディスプレイを搭載する可能性が高いと予測されており、さらにより大型のバッテリーを搭載すると予測されていることからも、ついに長らく搭載されてきた「イヤホンジャック」が廃止になる可能性が高いと予測されています。詳細は「「Galaxy」史上最大クラスのディスプレイを搭載に。「Galaxy S10」と「Galaxy Note10」のディスプレイサイズが判明にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、次期「Galaxy Note10」はSamsungとして初となる「7nm」プロセスルールを採用した「Exynos9825」を採用している可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「5G」に標準対応へ。

先日の情報からも、Samsungは「Exynos9820」を正式に発表しましたが、「snapdragon855」や「Kirin980」と異なり「8nm」プロセスルールを採用していることを判明しており、さらに、「Exynos5100」を標準搭載していにことからも、「5G」には基本対応していないことが判明しています。詳細は「ついに「Xperia」を超えるカメラを?「Galaxy S10」が搭載する「Exynos9820」は「8K」のビデオ録画に対応にって話。」をご参照下さい。

一方で今回の情報によると、「Galaxy Note10」はSamsungとして初となる「Exynos9825」を搭載してる可能性が高いとよくされており、この「Exynos9825」の特徴は、「7nm」プロセスルールを採用していること。そして「5G」に標準対応している可能性が高いとしています。つまり「7nm」プロセスルールを採用していることからも、「Galaxy S10」シリーズよりさらに「処理性能」や「消費電力効率」が改善していると考えることができます。

ただ一方で、「アメリカ」や「日本」で発売される機種には「X50モデム」が搭載された「snapdragon855」を搭載していると考えることができます。こうなってくると「snapdragon855」を搭載しているか「Exynos9825」を搭載しているかで、処理性能に差が生まれそうですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!