• HOME
  • ブログ
  • Galaxy S10
  • 「Galaxy Note9」とあまり代わり映えがないような。次期「Galaxy S10」シリーズの実機画像がついにリークって話。

「Galaxy Note9」とあまり代わり映えがないような。次期「Galaxy S10」シリーズの実機画像がついにリークって話。

先日の情報からも、次期「Galaxy S10」シリーズの価格が判明しており、「エントリーモデル」扱いである「Galaxy S10 E」の本体価格が「9万円」程度になること。そして最上位モデルである「Galaxy S10+」の「RAM12GB/ROM1TB」の本体価格はやはり「20万円」程度になる可能性が高いと予測されています。詳細は「最も高価な「1TB」の容量で「20万円」に。次期「Galaxy S10」シリーズの本体価格が判明にって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Galaxy S10+」は、スペック的にも「Galaxy S10」の上位モデルであるという意味を込めるためにも、その正式名称は「Galaxy S10 Pro」になる可能性が高いと予測されており、さらに「RAM12GB/ROM1TB」のみは「セラミック」の材質を採用している可能性が高いと予測されています。詳細は「「Galaxy S10+」の「RAM12GB/ROM1TB」のみ特別仕様に?本体に「セラミック」を採用にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、次期「Galaxy S10」と「Galaxy S10 Pro」の実機画像がついにリークしたと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


実機画像がリーク。

さて今回リークした実機画像が上記の画像になります。左側が「Galaxy S10」そして右側が「Galaxy S10 Pro」であると考えることができます。ディスプレイサイズの違いもありますが、何より見分ける大きな特徴としては「Galaxy S10」のインカメラは「シングルレンズカメラ」、そして「Galaxy S10 Pro」は「デュアルレンズカメラ」を搭載していることです。

本体下部の部分が上記の画像になります。「イヤホンジャック」「USB-C」「ステレオスピーカー」を確認することができます。また光沢の問題なのか判然としませんが、「Galaxy Note9」まではサイドフレームを含めて「アルミ」の材質を採用していましたが、今回の画像を確認する限りは「iPhone XS」のように、「ステンレススチール」を採用しているように見えます。

そして本体「背面」部分の画像が上記の画像になります。やはり事前情報通り「Galaxy Note9」などと同じく「並列型」の「カメラ」を搭載しており、さらに「Galaxy S10」に関しても「トリプルレンズカメラ」を搭載していることを確認することができます。詳細は「専用ケースがさらにリーク。次期「Galaxy S10」は「Galaxy S10+」と同様に「トリプルレンズカメラ」を搭載かもって話。」をご参照下さい。

ただカメラのデザインだけを見ると「Galaxy Note9」というよりは「Galaxy Note8」のほうが近いですよね。今回の実機画像で、より「Galaxy S10」のデザインを詳細に確認することができましたよね。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧