• HOME
  • ブログ
  • Galaxy S10
  • 「Galaxy S10」シリーズの最上位モデル「Galaxy S10+」の正式名称は「Galaxy S10 Pro」かもって話。

「Galaxy S10」シリーズの最上位モデル「Galaxy S10+」の正式名称は「Galaxy S10 Pro」かもって話。

先日の情報からも、Samsungは「2月20日」にアンパックを開催することを正式にアナウンスしていますが、「Galaxy S10」シリーズは「3つ」のベースモデルが存在していると予測されており、その名称は「Galaxy S10 E」「Galaxy S10 Edge」そして「Galaxy S10+」になる可能性が高いと予測されています。詳細は「「Galaxy S7 Edge」以来の復活に。次期「Galaxy S10」シリーズでは「Edge」ブランドが復活かもって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、「Galaxy S10」シリーズの中で唯一の「5G」に対応した特別モデルである「Beyond X」ですが、その正式名称は「Galaxy S10 X」になる可能性が高いと予測されており、さらにスペックてんこ盛りの状態で、「3月29日」より韓国を中心に発売を開始する可能性が高いと予測されています。詳細は「「Galaxy S10+」の最上位モデル「Beyond X」の正式名称は「Galaxy S10 X」で「3月29日」より発売開始にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Galaxy S10」シリーズのベースモデルの中では最上位モデルとなる「Galaxy S10+」の正式名称は「Galaxy S10 Pro」になると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「正式名称」が判明に?

さて今回の情報によると、次期「Galaxy S10」シリーズの最上位モデルである「Galaxy S10+」の正式名称は「Galaxy S10 Pro」になる可能性があると予測しています。少なくともSamsungは、「Huawei」の成長に脅威を感じている中、「Huawei」のフラッグシップモデルには「Huawei P20 Pro」や「Huawei Mate20 Pro」など、少なくとも最もいいモデルには「Pro」の名を冠しているとしています。

一方でSamsungが採用している「+」は、「iPhone」も含めてそうですが、「ディスプレイサイズ」が大きいという意味合いのほうが強く、決してその機種が、シリーズの中で最もいい機種ではないとの印象の方が強い可能性があるとしています。さらに消費者の動向として、「ディスプレイ」が単純に大きいものよりも、例え高価であっても、より多くの機能をもつ機種を好む傾向が強いとされています。

このことからも次期「Galaxy S10+」は、ユーザーにより高性能なモデルであることを認知させやすいように「Galaxy S10 Pro」になる可能性が高いと予測しています。でも今回の情報が正しければ、これで単純に名称が「Galaxy S10」という機種はなくなり、それぞれが何かしらプラスで意味をもっていることになります。

来月の20日に正式に発表が予測されている中、「Galaxy」シリーズの記念すべき10周年モデルとして、ユーザーがどのような反響を示すのか非常に楽しみですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧