• HOME
  • ブログ
  • Galaxy S10
  • 大きさの違いを一目で確認しよう。「Galaxy S10」シリーズの専用ケースが再びリークって話。

大きさの違いを一目で確認しよう。「Galaxy S10」シリーズの専用ケースが再びリークって話。

先日の情報からも、「Galaxy S10」シリーズは、ベースとなるのが「3モデル」構成になる可能性が高いと予測されており、「S」モデルとして初めてとなるエントリーモデル「Galaxy S10E」は、「フラット」なディスプレイに、小型バッテリー、そして「5.8インチ」のディスプレイと他の2機種とだいぶスペックが区別化されている可能性が高いと予測されています。詳細は「3モデル構成の「Galaxy S10」シリーズ。「Galaxy S10 Lite」は思ったよりスペックが控えめかもって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Galaxy S10」シリーズのストレージ構成が判明しており、エントリーモデルである「Galaxy S10 E」でさえ「RAM4GB/ROM128GB」の構成となっており、一方で最上位モデルである「Galaxy S10+」は「RAM8GB/ROM512GB」以上で「ROM1TB」に対応する可能性があると予測されています。詳細は「RAM12GB/ROM1TBに。「Galaxy S10」の最上位モデル「Beyond X」のストレージ容量が判明にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、次期「Galaxy S10」シリーズの専用ケースがリークし、そのサイズの違いが一目で確認することが可能だと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


専用ケースがリーク。

さて今回リークした「Galaxy S10」シリーズの専用ケースが上記の画像になります。左から「Galaxy S10 E」「Galaxy S10 Edge」そして「Galaxy S10+」だと考えることができます。それぞれのディスプレイサイズが「5.8インチ」「6.1インチ」「6.4インチ」となっていますが、数値以上に本体の大きさの違いを確認することができます。

そして先日の情報からも「Galaxy S10+」に関しては「トリプルレンズカメラ」を搭載する可能性が高いと予測されており、直近の情報で「Galaxy S10 Edge」も「トリプルレンズカメラ」を搭載すると予測されていましたが、今回のレンダリング画像でも「トリプルレンズカメラ」を搭載していることを確認することができます。詳細は「専用ケースがさらにリーク。次期「Galaxy S10」は「Galaxy S10+」と同様に「トリプルレンズカメラ」を搭載かもって話。」をご参照下さい。

そして正直驚きだったのか、「Galaxy S10 E」に関しても「シングルレンズカメラ」ではなく「デュアルレンズカメラ」を搭載していることを確認することができます。「エントリーモデル」扱いで、「デュアルレンズカメラ」を搭載しているのは非常に嬉しいですよね。先日の情報からも「Galaxy S10」シリーズの本体価格が判明しており、「Galaxy S10 E」もそこまで安くならないことが判明しています。詳細は「最も高価な「1TB」の容量で「20万円」に。次期「Galaxy S10」シリーズの本体価格が判明にって話。」をご参照下さい。

「デュアルレンズカメラ」を搭載しているのであれば、まだこの価格に少し納得できると考えることができます。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧