• HOME
  • ブログ
  • Galaxy
  • 「2月20日」に正式発表は確定か?「Galaxy F」が中国での認証も通過したって話。

「2月20日」に正式発表は確定か?「Galaxy F」が中国での認証も通過したって話。

先日の情報からも、「2月20日」に開催が予定されているアンパックイベントにおいて、Samsungは「Galaxy S10」シリーズを正式に発表する可能性が高いと予測されています。その中でも、このアンパックイベントは2つの会場で行われる可能性が高いと予測されており、片方の会場のみで「Galaxy F」が正式発表される可能性が高いと予測されています。詳細は「Samsungは2月20日に同時に2つのイベントを開催に?「Galaxy F」とGalaxy S10」の特別モデルがそれぞれ発表に?って話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、この「Galaxy F」はやはりプレミアムモデル扱いになる可能性が高く、RAM「8GB」に加えて、「ストレージ」に関しては「512GB」と「1TB」が存在している可能性が高く、「5G」に対応した特別モデルである「Galaxy S10 X」と同等の扱いである可能性が高いと考えることができます。詳細は「RAM12GB/ROM1TBに。「Galaxy S10」の最上位モデル「Beyond X」のストレージ容量が判明にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、Samsung初となる折りたたみ式を採用した機種である「Galaxy F」が中国での認証を通過したことが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。


中国での認証を通過。

さて今回の情報によると、次期「Galaxy F」が中国での認証を通過したことが判明したとしており、上記の画像が認証時の登録情報になります。ただいつものことですが、この認証情報から、「Galaxy F」のスペックを判断することは難しいです。

先日の情報からも、少なくとも「Galaxy F」は「100万台」以上生産することが判明しており、さらに「2019年」の上半期には発売を開始することが判明しています。詳細は「「グローバル」展開は確実か?「Galaxy F」は今後数カ月で「100万台」以上生産するって話。」と「2019年9月までには発売開始に。折りたたみ式を採用した「Galaxy F」の発表への準備が着々と進行って話。」をご参照下さい。

ただ今回の情報によると、当初の予測以上に、「Galaxy F」の展開地域が広い可能性が高いとされており、「5G」に対応している「Galaxy S10 X」よりよほど展開地域が広いと考えることができます。また先日の情報では「Galaxy F」は「3100mAh」のバッテリーを2個搭載すると予測されていることからも「6200mAh」のバッテリーを搭載すると予測されていました。詳細は「「Galaxy S10」シリーズ最上位モデル「Beyond X」は「5000mAh」の超大型バッテリーを搭載かもって話。」をご参照下さい。

しかしながら今回の情報によると、「4400mAh」のバッテリーを搭載しているとされており、当初の予測からだいぶコンパクトなバッテリーを搭載している可能性が高いと予測されています。正直「電池持ち」はかなり気になるところですよね。ただ今回の情報を通していよいよ準備段階であると考えることができます。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧